top of page

生存者たちの話    

次を読む

「私の人生は幸せだった、愛している」と家族にメッセージしたわ。

  • Oshra B.'s story

これこそが本当の恐怖、、、

もしここを出れたら、みんなにプレゼントをしよう。”

Eviatar Banaiと言う歌手が歌う曲の歌詞です。


私はすでに最高のプレゼントをもらった。それは私の命。

土曜日の午後12時30分に、その命は危うく取られそうになった。


家には、私たち夫婦二人と子どもたち、金曜日からお泊りに来ていた息子Itayの友達とYishuv Netiv HaAsara (イスラエル南部のモシャブ)の創設者の一人であるJennyの6人がいました。彼女は朝の6時に散歩に出かけ、火事に巻き込まれたので、近くの私たちの家に助けを求めに来たのです。


私たちはすぐにセーフルームに入りましたが、中から鍵をかけられないことに気付きました。みんな暗闇の中で息をひそめていました。神は全て知っています。私はキッチンに行ってナイフを取ってこようと咄嗟に決心しました。「彼らは戦わずして私たちを連れて行くまい」と思ったのです。その時、誰かが正面玄関から無理やり入ってこようと来ました。これこそが本当の恐怖、、、


私と夫のイランは40分間の間、肩を並べて立っていました。イランはドアの取っ手をしっかりと握っていました。私はナイフを持ち、すぐに戦えるようにし、もう一人の息子のオファーは私たちが危険にさらされていることを発信ようとしましたが、うまくいきませんでした。


家のすぐ外で爆発音が聞こえた後、ヘブル語が聞こえ始めました。(セーフルームで身を小さくしてる中で、どれほどの大きな喜びであったか言葉では表しきれません。)セーフルームから出た時、テロリストが本当に私たちの家に襲おうとしたことがわかりました。でも彼らが諦めて出て行ったことは、奇跡と神のご加護ととても幸運であったとしか言いようがありません。


セーフルームの外にいた愛犬Hugoを彼らが見たから出て行ったのかもしれないと私たちは推測しています。なんと言う不幸中の幸い!彼らはピットブルの性格を知らなかったんですね!もし知っていたら、犬に近づき、犬は尻尾を振って彼らを舐めていたことでしょう。


その後テロリストはIDFによって捕らえられました。でもあの日以来、彼らの夢を毎日見ます。私はこの与えられたプレゼントの命にどう応対したらいいのかわかりません。ありがとう?本当にありがとう?わかりません。。。


写真:私たちの大切なHugoは私たちの猫Hatulと丸くなっています。猫がどうなってしまったのか、まだわかりません。


Oshra.B


Comments


bottom of page