top of page

生存者たちの話    

次を読む

そこにいる全員が死んだのを見て、次は自分たちの番だと思った

  • Einat S.'s story

もし彼らが入ってきたらどう反応しようかと考えていた。

私はあまり世間に発信しないので、ここに投稿することにいろいろ迷ったのですが、投稿することにしました。

ちょっと長かったらごめんなさい。私たちが経験したことを体系的に説明します。もし分かりにくかったら、すみません。


私はアイン・ハベソールで子供たちと暮らしており、一人は現在、落下傘部隊に所属している。私は姉夫婦の隣に住んでいる。彼らには子供もいる。


土曜日の朝、愛犬が6時半ごろ私を起こした。

私は外から何か聞こえたが、それが何なのかよく理解できなかった。外に出ると、暗い空が見え、鳴り止まない爆発音が聞こえた。

爆発音の中で、私はさまざまな声を聞き分け、突然、機関銃の発射音を聞いていることに気づいた。私は義兄に電話し、銃声がしていることを伝えた。


コード・レッドのサイレンが鳴り響く中、私たちはすぐに愛犬を連れて彼らの家に行った。

私たちはシェルターに駆け込み、1分後に外に出た。義兄と地域の緊急チームが勇敢に戦っていた。何人かは負傷をしていた。ロケット弾や機関銃が撃ち込まれていた。一方、彼らは拳銃でゲリラに対して戦っていた。なんとか町の門を閉じ、テロリストを撃退した。


同時に、私は子どもたちや姉の子どもたちと一緒にシェルターにいて、ナイフを持ち、彼らが入ってきたらどう対応するか考えていた。子供達に恐怖感を伝え、同時に励ますことは難しかった。


日曜日には、子どもたちを避難させることができた。月曜日、私は愛犬と一緒そこを発ち、なんとかヘルズリヤに到着した。私の愛するパートナーとその家族は、私に空き家を提供してくれた。友人たちが掃除や手伝いに来てくれた。言葉にできなかった。そして、ヘルズリヤの人々やその他の人々が寄付や援助をしてくれた。胸が張り裂けそうだった。今、私は殺された友人、隣人、家族のことを受け止め、理解し始めている。昨晩、初めて悪夢を見た。とても不快だった。


私は痛みと怒りと感謝でいっぱいだ。今、私は兵士たちのことを心配している。多くのものを失ったので、勝利したとは言いがたい。ただ神が私たちを強めてくださることを祈るだけだ。


Einat S.

Comments


bottom of page