top of page

生存者たちの話    

次を読む

命は助かったが、魂は大きく抉られてしまった

  • Eden B.'s story

もはや戦闘音はなく声だけが響いた。テロリストたちは歌い踊りながら愛する人々皆殺しにした


私や、殺されてもう語ることすら出来ない友人たちの身に何が起こったのか、一人一人に知ってほしい。

ここ、ナハール・オズには、約2年前に引っ越してきた。陸軍基地があり、キブツにはこれ以上はない軍隊がそろっていたし、一生関係が続くと思った素晴らしい友人たちもいた。でもそれは、2023年10月7日の土曜日までだった。

私たちは6時に爆発音で目を覚ました。これまで状況がひどくなっていく場面や作戦を経験したことはあったが、何かがおかしい、いつもと違うと感じた。ブラジャーとパジャマショーツを身につけ、他の女の子たちと裸足でコンクリートバリケードに飛び出した。非常事態警報の「ブーン」という音は鳴り止まない。私たちは、トラッカー(兵士)の一人が壁の近くにいるように言うまで、そこに座っていた。突然、彼は敵の侵入を知らせる電話を受けた。彼は走り去り、私たちはパニックで凍りつき、何が起こるかわからずにそこにとどまった。


protective concreate wall with writing 'Nahal Oz is our home'

陸軍基地のスピーカーから 「襲撃!襲撃!」という叫び声が聞こえ、テロリストたちが侵入したのだとわかった。最悪の悪夢の想定でも、これほどの数のテロリストが陸軍基地に侵入するなど想像もできなかった。銃声が聞こえ始めた。最初は遠くから聞こえていたが、だんだん近づいてきた。集中砲火が止み、銃声は一方向からだけ聞こえてきた。そう、テロリストがいる方向からのみ。彼らがここに来たのだ。

銃を私たちやバリケードに向けて絶え間なく打ってきた。手榴弾も放ってきた。私たちは武装していなかったが、スカイライダー部隊の女性兵士たちは、できる限りのことをして応戦した。煙だらけで何も見えなかった。銃声は一瞬たりとも止むことはなかった。

私は奇跡的にバリケードを抜け出し、今までの人生の中で一番真剣に走った。後ろを振り返らず走った。おそらく背後にあるものを直視できないだろうと思ったからだ。

私は数人の若い女性たちと一緒に、なんとか部屋のひとつに入った。私は血まみれで、どれが私のもので、どれが違うのかがわからなかった。私たちは地面に横たわり、彼らが私たちの家を殺し、破壊するのを聞いた。もはやテロリストと闘う者は誰も残っていなかった。私はなすすべもなく床に横たわり、恐怖に怯え、今までに経験したことのないような祈りを捧げ、助かるように懇願し、父にも私が助かる奇跡が起こるように祈ってとお願いした。また、作戦室にいる女性たちのためにもテロリストたちが中に入ってこないように祈った。

何時間もの間、私たちは地面に横たわり、誰ひとりとして口をきかず、呼吸さえしなかった。ヘブライ語が聞こえるように、戦闘の音が聞こえるように...。誰かがテロリストと戦ってくれることを祈った。

しかし、戦闘音はなく、テロリストたちの声だけが響いた。彼らは歌い踊りながら、愛する人たちを皆殺しにした。電話できる相手もいなければ、電波も電気もない。正直、私たちにできることは祈ることだけだった。

女の子たちは恐怖と不安で失禁した。2度、テロリストたちは私たちの部屋にも侵入しようとした。彼らは私たちがそこにいることを知っていて、手榴弾を投げ入れるために窓を割った。その瞬間奇跡が起きた。空軍が空から攻撃し、彼らは逃げたのだ。窓が割れてテロリストにのぞき込まれると私たちは丸見えだったのに、何時間もの間その窓すぐ下に隠れて、生き延びることができたのだ!

突然、ヘブライ語が聞こえてきた。神が私を救うために天使を遣わされたのだと思った。空挺偵察隊の戦闘兵がやってきて、中に誰かいないか尋ねてきた。私たちは信じられなかった。最初はテロリストに騙されたのかと思った。しかし、そうではなく、彼らは私たちを救うためにそこにいたのだ。

私たちは震える手でドアを開けた。その部屋の外で私を待っていた光景を私は決して忘れないだろう。私の家、私の安全な場所は墓場と化していた。いたるところに煙が上がり、炎も上がっていた。そして血。たくさんの血。友人たちの血だ。死体の数は私の理解の範疇を超えていた。

私の心は壊れ、二度と完全には戻らないだろう。しかし、私はこれを通して強くなると信じている。私たちは友人を殺した残酷な復讐を果たすのだ。

私が経験した奇跡と、2度目の人生の機会をくれた天にいる神に感謝する。いつも愛する人に感謝を示し、愛そうと思う。一寸先の未来はどうなるかなんて誰にも分からないのだから。 エデン・B


concreate wall around a pillbox


Comments


bottom of page