top of page

生存者たちの話    

次を読む

人に施したり、他者を愛したり、幸せに生きるという最も大切な感覚を持つ人々が奪われた

  • Dor B.'s story

テロリストが歩き回って、殺す相手を探していた

私もそこにいた。

何千人もの若者たちが経験した恐怖を私も経験した。

私も突然銃撃され、攻撃されて驚いた。目に映るのは、一刻も早く隠れて逃げようとする人々の姿だけだった。


最初にライフル銃の発砲に気づいたとき、誰もが走り出し、何が起こっているのか誰も理解できなかった。私は弟のドレフと連絡がとれなくなったので、暗闇の中にいるようだった。私は弱気になったが、それでも自分の命は何としても守らなければならないと思った。


友人2人と私は車の中に飛び込み、どうしていいかわからずにいると、突然、スピードを出した車が私たちと他の3台の車にぶつかってきた。私は何が起こったのかを知るために外に出た。ドライバーは足を撃たれていた。私と他の何人かが彼女の手当てをし、私は銃撃を受けながら彼女の足に止血帯を巻いていた。



その後、彼女を救急車に乗せて避難させることに成功した。その後、私は再び友人を探したが、私たちに向かって発砲されたため見つけられなかった。

だから、友人も弟もおらず、彼らがどうしてるのか、どこにいるのか、何もわからないまま、私はひとりぼっちだった。私はまだパーティー会場にいて、車の下に身を隠し、絶えず場所を変えていた。テロリストが撃てそうな人を探して歩き回っていたからだ。私は彼らを見つけたが、幸運にも彼らは私を見つけられなかった。





彼らから数メートル離れたところで、大勢の人たちが走ってくるのが見えたので、私も一緒に走り出した。私たちが走っている間、銃弾が私たちの頭の横で鳴り響き、人々に命中した。


どうしたらいいのかわからず、ただ夢中で走り続ける。しばらくして、私たちは茂みを見つけ、7人で8時間か9時間ほどそこに横たわっていた。水もなく、携帯電話のバッテリーも残り少なく、頼れるのは自分たちだけだった。


しばらくすると、兵士たちがヘブライ語で私たちの近くで話しているのが聞こえたので、イスラエル軍の人たちですかと尋ねた。彼らはそうだと答えたので、私たちは喜びで胸が高鳴ったが、まだ銃声が響いていたので怖かった。イスラエル兵は私たちにシャツを脱ぐように言い、イスラエル国防軍が誤ってうつことが無いように両手を上げて歩くように言った。



私たちは、私がこれまで目撃した中で最も残虐なことが起こったパーティエリアから救出された。不運なことに、IDFは私たちを銃撃されている戦車の後ろに連れて行った。でも、兵士たちが私たちを守ってくれたので、おびえることはなかった。数時間後、軍の装甲車が私たちを安全な場所まで連れて行ってくれた。より安全な場所まで車で移動している間、私たちは、描写はするべきではないような数々の悲惨な現場を目の当たりにした。想像力を働かせて欲しい。 生きて帰れるかどうかもわからないまま、誰にも別れを告げずに長い時間を過ごした後、私は2人の友人と出会った。私たちは一緒に、危険から逃れられたことに感激しながらも、目にしたすべての光景から悲しみに打ちひしがれ、まだ救出されていない友人たちのことを心配していた。幸いにも、しばらくして彼らも救助された。 行方不明者の家族に言いたいのは、一瞬たりとも希望を失ってはいけないということだ!私たちには強い軍隊がある!私たちには強い軍隊があります! 私たちには、たとえ困難なときでも、いつも私たちとともにいて見守ってくださる神がいる! 私はイスラエル国防軍やその他の治安部隊に感謝したい。彼らがいなければ、私は生きていなかっただろう!また、ずっと私を守ってくれた神にも感謝したい。 これからもっと良い日が来ることを願っている!

AM ISRAEL CHAY(イスラエルは生きている)!

ドー B.



Dor B.

Comments


bottom of page