top of page

生存者たちの話    

次を読む

私たちのアパートの下には大量のテロリストがいたが、子どもたちのためにポーカーフェイスをしました

  • Sahar B.'s story

テロリストたちの顔を見れば、彼らが笑顔で楽しんでいるのがわかった

世界中からDJが集まっているのを知っていたので、私は午前3時頃に音楽祭に到着した。 約3000人が参加する国際的なイベントだった。


仲間を集めようとテントに向かって歩いていると、ロケットの弾幕が降ってきた。音楽は止まり、私たちはサイレンを聞いた。数秒のうちに、テロリストが近づいてくるのが見えた。


私たちは車に乗り込み、逃げ始めた。完全にカオスだった。人々は銃撃を受けながら、車で時速120kmで逃げた。トラックに乗ったテロリストたちが見え、武装した警察官が私たち30人をバリケードに誘導した。


そして、彼らは私たちに向かって発砲し始め、バリケードに発煙弾を投げ込んだ。1分後、私の周りの誰もが狂ったように叫んでいたとき、別の手榴弾が私の頭上をかすめて飛んでいった。私の背後には、手榴弾に当たった人々の遺体が見えた。私の友人は至近距離から撃たれた。最後列と、2列目の全員が殺された。


私は肘に銃弾を受け、足と肋骨に破片を受けた。幸運なことに、その瞬間、テロリストの銃が詰まり、彼は退却した。



私は地面に落ちている武器がないか探したが、また銃声がした。私は放置されたパトカーに駆け寄り、無線で助けを求めた。私は走って逃げるように言われた。


友人が彼女を蘇生させようと必死になっている間、私は車を動かそうとしたがだめだった。テロリストたちは私たちに向かって "彼女は死んだ "と叫んだ。


彼らは動物だ。殺人の目をした動物だ。彼らは至近距離から私たちを虐殺した。彼らは私たちに向かって銃を乱射し、私たちの顔には、それを楽しみ、微笑んでいるのが見えた。


私は、さらなる犠牲者を待っていた救急車に運ばれた。重傷を負った子供を連れた2人の両親と、私のそばで瀕死の状態にあった老人を乗せた。全くの混乱の中、3時間が過ぎた。



シャハル・B




Comentários


bottom of page