top of page

生存者たちの話    

次を読む

これまでだ。私の人生は終わった。 - 私はそう思った。

  • Vlada P.'s story

テロリストは、まるでコンピューターゲームのように、視界に入るすべての人を銃で撃ち殺していた

正直なところ、私は自分の経験を分かち合うつもりはなかった。思い出を語るのは難しすぎると思ったし、私の個人的な体験の重要性にも疑問があった。もっとひどいことを目撃した人、もっと長い間そこにいた人たちがいる。冷酷に殺された人たちや、いまだに行方不明で行方がわからない人たちがいる。私は誰に話をすればいいのだろう?恥ずかしくなった。


10月7日から2日が経った。何が起こったのか整理しているところだが、何度も振り返って共有するよう求められたので、ここに記す。

私の個人的な奇跡、神の摂理によって起きたことを。。


私は婚約者のマタンと共通の友人メイと一緒にノヴァ音楽祭に来た。マタンはたまたまいとこからチケットを2枚タダでもらった。メイは直前になって私たちに加わった。途中、パーティーがガザから1キロほどしか離れていないことに気づいた。最近再燃があったとはいえ、南部出身者にとってはロケット砲は日常茶飯事であり、パーティーを欠席する理由にはならない。その上、国境に近いので、ロケット砲はもっと内陸まで届き、私たちの頭上を飛んでいくだろうと予想していた。


パーティに向かうときも、パーティにいるときも、何かがおかしいと感じたが、私はそれを考えないようにして、流れに身を任せようとした。


あまりパーティーの雰囲気に乗れなかったので、私は踊り狂うのをあきらめ、メイと一緒に近くの藁マットの上に横になった。6時40分頃、マタンが私たちの隣に座り、サイレンを聞いたかと聞いてきた。彼は私たちが何も見聞きする前に、私の携帯電話からロケットのサイレンを聞いていた。数秒後、空はロケットで埋め尽くされた。最初はみんな冷静に対応していた--そういうことには慣れていた--が、事態はあっという間におかしくなった。私たちは荷物を置いたまま、車に向かって走り出した。私は方向感覚に優れていて、私たちは一番最初に外に出たのだが、どういうわけか車を見つけるのに5分から10分かかった。この数分が私たちの命を救ったかもしれないことは、後でわかるだろう。


私たちはいち早く車に乗り込んだが、乗り込むと銃声が聞こえ始めたがあまり気に止めていなかった。すでに国境にいたため、その場を離れていたから。パーティーから出た道は分かれ道になっており、私たちは左折してアシュドッドに向かった。私たちは4台目か5台目の車だったが、突然、車が止まり、必死に向きを変え始めた。何が起きたのかと声をかけると、この先にテロリストがいると言われた。





私が運転し、マタンが隣に、メイが後部座席に座っていた。最初の考えは、これは単独のテロリストで、私たちは大丈夫だろうというものだった。私たちの前の車に乗っていた男が車から降りて、私たちの方に走り出した。彼は撃たれて地面に倒れた。私はマタンとメイに伏せるように言い、集中したまま車の向きを変えた。銃弾があちこちに飛んでいた。どうして撃たれなかったのかは聞かないでほしい。


分かれ道まで戻ったところで渋滞にぶつかった。人々は左の道がテロリストによって封鎖されていることに気づき、みんな右に向かっていた。銃弾がそこらじゅうに飛び交っていたので、私たちは車から降りてパーティーの入り口に向かって走る人々の群れに加わった。数人の武装した警備員が守ってくれたし、まだ降ってくるロケット弾から私たちを守るコンクリート製のシェルターもあった。


私はシェルターに残りたかったけど、メイが無理やり外に連れ出した。警備員は私たちに東に逃げろ、命からがら逃げろと叫んでいた。銃声がだんだん近づいてきて、私たちはテロリストが1人や2人ではないことに気づいた。白いトラックやバイクに乗った何十人、何十人というテロリストが、あらゆる方向に自動小銃を乱射していた。


私たちは車に戻った。走りながら、私たちの半数が撃たれて倒れているのを見た。どうにか車まで辿り着き、私は車を道路から野原へと走らせた。


数分後、また渋滞にぶつかった。車から降りようとしたとき、何十人ものテロリストが『アラーアクバル』と叫びながら、まるでコンピューターゲームのように目の前にいる全員を銃で撃ち殺しているのが見えた。私たちは車に戻った。


私たちは車に戻った。外に出ようとしたけど、動けなかった。メイが私に逃げろと叫んでいるのが聞こえた。銃弾が車を襲い始め、私たちは外に出た。走っても無駄だと思い、木の下に飛び込んだ。メイが私を見て、立ち上がって走れと叫んだ。私は走り出したが、ショックだった。悲鳴もあげず、ただ走った。私たちはちりぢりになって、できるだけ速く、できるだけ遠くまで走った。あらゆる分岐点で死ぬ可能性があった。


走っていると、隣に車が止まった。私は乗ろうとは思わなかったし、後で録音を見ると、彼らは私を乗せるつもりはなかったようだった。私の守護天使であるヨセフ·ベン=アブが、彼の友人が止まらないで走り続けるよう促していたにもかかわらず、どういうわけか私のすぐそばで止まることにした。私が車に乗ると、メイは私が車に乗るのを見て、自分も車に乗せるように叫んだ。私がドアを開けると、彼女は飛び乗った。そしてマタンが私の名前を呼ぶのが聞こえた。私は彼を見たが、車は走り続けた。

誰のせいでもない。全員が家にたどり着いたことに感謝する。でも、あの瞬間のマタンの表情は忘れられない。ドアが閉まり、彼の後ろを走っていた人たちがテロリストの銃弾に倒れるのを見たとき、私は彼を見失った。私たちはコンパクトなKIAピカントに7人乗り、車に詰め込まれていた。


銃弾の為、頭を下ろしていた。

マタンを呼んだが、誰も彼を車に乗せてくれない、きっと彼は殺されるだろうと思った。結局、素晴らしい女性が止まって、彼を乗せてくれた。


そのとき、私たちはまだ四方八方から銃撃を受けていた。私たちは、白いバンの横に立っていた武装テロリストに向かって直進していた。どういうわけか、私たちが彼のところにたどり着いたとき、彼は床に倒れて死んでいた。何が起こったのかはわからないが、私たちを追ってきたテロリストの銃撃を受けたのかもしれない。何が起こったのか正確にはわからないが、私たちが交差点に着くと、彼は私たちの目の前で死んだように横たわっていた。運転手は右折しようとしたが、私たちは左折するよう叫んだ。右から銃弾が飛んできた。誰も当たらなかった。まるで神が私たちを左に導いてくれているようだった。


数分間の恐怖のドライブの後、私たちは無事にツェリム軍の基地に到着した。マタンも同時にウリム軍基地に到着しており、彼が銃撃されているのと同時に手榴弾が爆発しているのが電話越しに聞こえた(基地内に入らなかったのが救いだ)。

私たちが基地に到着したとき、彼らは私たちの話に耳を貸さず、私たちを麻薬の集団とみなした。

私たちの友人たちは命からがら逃げ隠れしていたのに、数時間経っても、丸一日経っても、誰も助けに行かなかった。


兵士のひとりが、ここ数日、数カ月にわたって弾薬が盗まれた理由がわかった、と言っているのを耳にした。私は、この基地は安全ではないと悟った。正門を守っていたのは18歳の女性兵士2人だった。彼女たちでは、自動小銃やロケット弾を持った何十人ものテロリストを止めることはできないだろうと思った。


基地で何時間も過ごした。朝から晩まで。週末ということもあり、基地にはほとんど兵隊がいなかった。兵士たちはパジャマ姿で歩き回っていた。兵士たちは、帰りたければ車で行くか、両親に迎えに来てもらえと言った。彼らは保護も他の交通手段も提供しなかった。その時点で何が起こっているのか、誰も知らなかったのだから仕方ない。


20時30分、正門に誰かの両親のやってきて、娘がパーティーにいたと叫んでいた。娘は肋骨を撃たれ、GPSで彼女ともう一人の男が7:00に車の下に隠れていた場所を送ってきたという。その時点で20:30分だったが、誰も2人のところにたどり着けず、両親も誰も連絡を取れなかった。もし彼女のことで何か知っている方がいたら、教えてください。彼女とその両親のことが頭から離れません。


その時点で、基地には私とメイしか残っていなかった。どうすればいいのかわからなかった。家族は私たちを迎えに来たがっていたけど、危険を冒すべきでないことはわかっていた。私たちは見たものを知っていたし、そこに何があるかも知っていた。


幸運なことに、メイのボーイフレンドであるマオル·ハルシュが迎えに来てくれた。彼は私たちを乗せ、警告に反して15分余分に運転してウリムからマタンを連れてきてくれた。私たちはずっと怯えていたが、ついに家にたどり着いた。他の人たちが野原に長時間放置され、他の人たちが誘拐され、何時間も殺害されるなか、私たちは家で小さな娘を抱きしめていた。ごめんなさい。


なぜこのことを分かち合うことがそんなに重要なのか?神が私を見守っていてくれたことを示すためだ。私の体験した一瞬一瞬が、普通じゃなかった。


この攻撃の5カ月前、私は「111」という数字を見続けていた。信じている人や知っている人にとっては、この数字は天使の書からの神の介入を意味する。テロの前夜から、私が見たのは12時21分、13時31分、14時41分といった反転した数字だけだった。これらの数字を見て、嫌な予感がした。


帰宅して2日後、救出される私のビデオが送られてきたが、そのサイズは11.1MBだった。どう思おうと構わないが、この数字には度肝を抜かれた。私がまだここにいるのは彼女のおかげだからだ。彼女は神の使いだ。


私はみんなにお願いしたい。この一回でもう全てを終わらせたい。

私はこう言うと同時に、苦しみ、傷つくガザの人々に心を痛めている。ハマスに苦しむ子どもたち、赤ん坊たち、女性たちに。殺さないで欲しい。


何百人もの仲間がまだそこにいることは知っているが、基地にいたときは、彼らが来て殺されないように、何か尖ったものはないかとあちこち探した。自分の人生を終わらせたかった。何があろうと、奴らのやったことを見た後では、生きたまま連れて行かれるわけにはいかない。奴らは獣で、狂っていて、私たちの誰にも慈悲を与えない。


どんな代償を払っても、完全に破壊しなければならない。そうでなければ、私たちは日々、毎年、永遠に重い代償を払い続けることになる。拉致された人たちを解放する方法が見つかることを願っている。私は毎日、彼らが完全で健康であることを祈っている。


今回は違う。彼らは非常に強い力で我々に襲いかかってきた。復讐心をもって攻撃する必要がある。建物を破壊するだけではもう十分ではない。彼らは我々の中にいる。何人いるかは神のみぞ知る。


私が経験した奇跡の後、神は私たちの近くにいて、すべてを見守ってくれていると信じている。物事はうまくいくだろうが、これ以上傷つく人が増えないことを願う。これは終わらせなければならない。


このことを胸に刻み、分かち合う必要があった。ありがとう、ありがとう、天国の父よ。私を見守ってくれてありがとう。娘と家族を抱いてここにいることを許してくれてありがとう。このような恐怖を経験された方々に、心からお見舞い申し上げます。愛する人を亡くされた方、運命を知らない方、私はあなたの痛みを感じています。


ヴラダ·P

Comments


bottom of page