top of page

生存者たちの話    

次を読む

何時間もバリケードに囲まれていた。私の父は62歳で、私たちを救出するためにテロリストと戦った。

  • Gal M.'s story

パーティーがしたかっただけなんだ、踊りたかっただけなんだ

まだすべてを消化しようとしている途中だ。話すかどうかは迷ったが、これは傷跡であり、吐き出す必要がある。

困難な出来事を経験した。

私たちはパーティーに行き、音楽を聴き、友人や恋人と一緒に楽しみたかっただけだ。



午前6時30分、音楽が止まる。私たちは何が起こっているのか理解できなかった。現時点ではパーティーは中止、ここから避難する必要があると告げられる。そして空を見上げると、ロケット弾の跡が見え、コード・レッドの警報、あちこちから銃撃があり、突然みんなが走り始めた。どこに行けばよいのかわからない。逃げようとした車はみんな道端に止まった。渋滞が発生した。テロリストが両方向の出口を封鎖したことを理解した。

数分後、突然銃声が聞こえてきた。私たちはどうしたらいいのかわからず、警官に言われた通り、太陽に向かって野原に走って逃げ込み、モシャヴ・パティシュに向かって命からがら走り出した。


私たちは必死に3時間走ったり歩いたりして、モシャブの近くまでたどり着いた。モシャブの人たちが私たちを見て、安全になるまでピックアップトラックで家まで連れて行ってくれた。私たちを助けてくださった神に感謝します。その後、その家を離れることができるようになり、彼らは安全な場所で私たちを降ろして救ってくれた。天からの奇跡だった。

私には行方不明の友人がたくさんいて、いまだ彼らの家族へ返事ができないでいる。彼らが無事に戻ってくることを祈り、願っている。私たちが経験したこと、『いまだかつてここで起きたことのないこと』について沈黙しつづけてはいけない。

ガル M.

Comments


bottom of page