top of page

生存者たちの話    

次を読む

もし彼らが入ってきたらどう反応しようかと考えていた。

  • Shay A.'s story

不条理なのは、彼が人質になったままでいることを願うことだ。

朝6時半、爆発が始まり、銃声が聞こえた。私たちはすぐに、これが通常の爆発ではないことを理解した。私たちのWhatsAppグループでは、テロリストがキブツに潜入したのだと理解した。


私たちはセーフルームを閉め、アラビア語の声と叫び声を聞いた。家の外からテロリストの声が聞こえたので、夫と私は静かになり、パントマイムで話をした。手の動きで、もしテロリストが侵入してきたら、夫がドアを押さえ、私は生後1カ月の娘シアを連れて逃げることに合意した。


彼らはセーフルームの窓を開け始め、テロリストの手が窓から入ってきた。ヤハヴが窓を押さえ、私はシアを抱いてセーフルームのドアから外に飛び出した。シアは眠ったまま起きなかった。


ドアをノックしても返事がない。私は茂みに隠れ、その後ドアの後ろに隠れた。また銃声が近づいてきたので、隣の家の物置に入った。銃声が続いたので、私たちの上に窓枠を置き、護身用にハンマーとノミを持った。


でも、シアが泣き出したので、彼らは私たちに向かって迫り始めた。嗚咽のひとつひとつが、彼らにとって獲物のようだった。彼らはシャアの泣き声を聞きつけ、近づき始めた。私は外に飛び出し、隣の家のドアをノックした。私は3人の子供たちと一緒に彼らのセーフルームに入った。サワーミルクと水を分けてもらった。娘はほとんど食べようとしなかったが、母乳を与えることができなかったので、それしかなかった。おしゃぶりの代わりに指を与えた。





緊張がとけて初めて泣き崩れたのは、治安部隊がその地域を安全な状態にし、セーフルームから救出されたときだった。夫がどこにいるのか考え、一緒に来るように言わなかったことに罪の意識を感じた。


夫がどこにいるのかわかりません。どうか助けてください。遺体は自宅にはなく、どこの病院にもいません。不条理なのは、彼が人質になっていることを願っていることです。


シェイ・リー・A



Source: Ynet

Comentarios


bottom of page