top of page

生存者たちの話    

次を読む

私たちが身を隠している間、彼らは近所の家を燃やしていた

  • Surveillance Operator's story

友人たちは私たちの目の前で、腕の中で死んでいった

朝6時半、私は他のイスラエル人と同じように眠っていた。突然、大きな音が聞こえた。私は夢を見ているのだと確信した。私たちはシェルターに25分ほどいたが、ブーンという警報は止むことがなかった。私の耳は聞こえなくなり、すでにめまいがし、身体は震え、ほとんど話すこともできなかった。母が電話をかけてきて、私が電話口で泣きながら「ロケット弾が飛んできた」と言った。私は母に、前回の軍事作戦でもこんなことはなかったと言った。地面が揺れているし、これからどうなるんだろうといろいろ考えた。そうこうしているうちに、軍事作戦室から電話があった。あらゆる方向からテロリストが侵攻している。軍事作戦室に急いで向かう。

私たちはどうすればいいのかわからなかった。このままじっとしたままでいるのか、それともわずかな生きる可能性しかない軍事作戦室に逃げ込むのか、それとも途中でロケット弾が命中するのか。私たちは走ることに決めた。これが私たちの置かれている状況だとは信じられなかった。私たちは映画の中にいるのだ。私たちはずっと侵略に備えてきたけれど、まさかこんなことになるとは誰も思っていなかった。私は母との電話を切り、ロケット弾が落ちてきて吹き飛ばされないことを祈りながら走り出した。ロケット弾はとても近く、私の隣に落ちたか、私の上に落ちたかのように聞こえた。軍事作戦室に着くと、女性たちはみんな泣き叫んでいた。彼女たちは、テロリストに監視カメラの監視室をほとんど抑えられてしまったと言った。



友人の一人が見つからず、彼女が一人で住居に残っていることを思い出した。彼女は私の電話にも出ず、私には彼女と連絡を取る手段がなかった。私たちは軍事作戦室にいる人達に何が起きているのか教えてほしいと懇願すると、テロリストがこの場所に到達したを教えてくれた。目の前が真っ暗になり、これで私は終わりだと確信した。息ができず、のどはカラカラに乾き、胃酸は逆流し、頭はさらに混乱した。銃声が聞こえ、人が倒れ、悲鳴が聞こえた。私たちは神に祈り、それだけが私たちを支え続けた。一日前の夜に一緒にいた友人たちは、銃弾や手榴弾の破片を身体に浴び、血まみれで入ってきた。

次から次へと、絶え間なく負傷者が入ってきた。ホラー映画のようだった。軍事作戦室は負傷者でいっぱいになり始めた。完全なカオスだった。悲鳴が上がり、軍事作戦室には赤ん坊を連れた女性までいた。第51大隊は、目の前で仲間が死んでいくのを目の当たりにした後、残された最後の力を振り絞って私たちのために戦ってくれた。我々は油断していた。

私たちはできる限り手助けをした。友人たちは私たちの目の前で、私たちの腕の中で死んでいった。少しずつ、私たちは友人たちが外から戻ってこないことに気づいた。突然、住居に滞在していた友人がやってきて、私たちがシェルターを出てからちょうど2分後にテロリストが住居に入ってきたと言った。『部屋に押し入り、窃盗し、基地から来た友人たちを手榴弾で吹き飛ばし、銃を乱射していた』と。私たちはテーブルの下に身を隠したり、ある人は戸棚に隠れたり、他の人は負傷者を助けたりした。完全に停電し、発電機も役に立たなかった。ドアは開け放たれ、テロリストたちはまだ外にいた。私たちは最後の1リットルの水を少しずつ分けて飲んだ。

テロリストは私たちの頭上の屋根の上にいて、外にはもう軍隊はいないと聞かされた。私たちは7人の戦闘員と共に残され、生きて帰れないと確信した。生き残った戦闘員たちは次から次へと入ってきて、自分たちの部隊は全滅した、もう兵士はいない、誰も助けてくれないと叫んだ。

私たちはそこから脱出できるように願った。それから部隊がその場所に到着し始め、私たちは少しずつ安堵の息をついた。そしてついに、彼らは私たちを救出しに来たと告げた。それからバスに向かって走ったが、私はバスに乗るまでの7分間は決して忘れることはないだろう。

部隊の人たちが私達を気遣って隠そうとする無数の遺体、背後で繰り広げられる銃声、そして真っ黒な絶望感。私達は静かに、身を寄せて、走り続けなければいけなかった。

匿名 (監視オペレータ)

文献:Ynet

Comments


bottom of page