top of page

生存者たちの話    

次を読む

私は生きたい。こんなところでは死ねない。い・き・た・い

  • Reut K.'s story

彼は子供たちの目の前で殺された。

昨日の朝8時20分、テロリストがドヴィールの家に侵入してきた。ドヴィールは斧を持って彼らに突進した。彼は防空壕の中で一緒にいた2人の子供たちを体を張って守ろうとした。そして、彼は子供たちの目の前で殺されてしまったのだ。


“ドヴィール”

“キブツで激しい銃撃戦があった。ここはもう大混乱よ!”

“銃撃?、キブツで?!”

“うん。そういうこと。”

“彼女は安全な場所にいると書いているよ。オーリーは落ち着いているよ、リア。”

“母さん、私はダリアよ。父さんは殺されてしまったの。スタフも。助けて。”

“誰がそこにいるの?”


ガールフレンドのスタフも抵抗したが、彼女も殺された。テロリストはダリアとラヴィを落ち着かせ、毛布をかけ、口紅を取り、壁に "エル·カッサムの仲間は小さな子供を殺さない “と書いた。


3時間もの間、私はダリアと電話をしていた。彼女がパニックで息を荒げているのを聞いて、私は彼女を落ち着かせ、呼吸を整えせてた。そして、まだ誰かが家の中にいるのを聞き、私は彼女に物音を立てないようにし、電話を切らないようにしておくように伝えた。


私がイェフードにいて、彼女が死体の隣にいる間中、その光景と状況に怯えていた。助けを求めても、彼女のもとには行けない。彼女を守ってくれる天使が到着するまで。


Reut K.



Comments


bottom of page