top of page

生存者たちの話    

次を読む

私は彼らに食べ物と飲み物を与えました。彼らが空腹になれば、銃を撃ち始めるだろうと思ったからです

  • Dan G.'s story

我々は、罪のない人々を虐殺した凶悪な敵と戦っている。

極めて困難な光景、民間人の大量殺戮、人民や民間人、兵士が中に入ったまま燃やされた家屋や司令部など、これほど大規模な出来事はまだ見たことがなかった。第一線で戦っている戦闘員もいた。ガザ師団の司令部だけでも、30人の死傷者と150人の負傷者が出た。

8時、私はレイムにあるパーティの駐車場に到着した。シュールな光景。純粋な狂気。それは『自然の祭典』ではなく、『虐殺の祭典』だった。私たちは戦い、入ってくる情報に対処することで精一杯で、死体を処理することはできなかった。みなから『助けに来てくれ』と助けを求めるメッセージが届いた。私の隊には4、6人しかいなかった。

党のエリアから、私はクファル・アッザ・キブツに急いだ。すでに戦闘中の部隊に遭遇しても、私はその横を通り過ぎた。話す相手は誰もいなかった。南方軍司令部の『仲人』(師団と司令部との調整を行う将校)とだけ。

誰も明確な状況判断を持っていなかった。ガザ師団の司令部内では、実際に戦闘が行われていた。その途中、私はギヴァティ旅団の司令官を見かけ、自分のために彼を連れて行った。当初、私は私たちを "ズヴィカ・フォース"(ヨム・キプール戦争でシリア軍と戦ったズヴィカ・グリーンゴールド率いる即席の8人戦車部隊にちなんで)と呼んでいた。




戦闘員たちは村から村へと殺到した。クファル・アッザ・キブツの入り口で、私の情報将校が撃たれた。そのとき初めて、この出来事の大きさが私にわかった。私はガザ包囲網(ガザ地区と国境を接する町)を南へ急ぎ、どこに部隊を動員すべきかを理解するため、また、この事態を食い止めるために戦闘地域を担当した。

空軍との協力もすばらしく、飛行隊の司令官自身が空を飛んでいた。膨大な量の弾薬、対戦車ミサイル、機関銃、手榴弾を持ったテロリストが何百人もいた。ナチャール・オズでは、私たちは人質を連れてテロリストを追いかけ、テロリストに向かって発砲した。どの遭遇戦でも、15~20人のテロリストが大量の武器を持っていた。最初は戦況がはっきりしなかった。光景は難しく、複雑だった。

すぐに予備役全員を招集し、数時間以内に自宅から直接戦闘に参加させた。師団は今、私たちが攻撃する段階に備え、どんな事態が勃発してもいいように準備している。戸棚に隠れていたテロリストを発見し、わずか1日後に出てきた。地面に穴を掘って隠れていた(テロリストの)グループがいたとしても驚かない。私たちは、この地域を1センチ残らず除去するために多大な努力をしている。今のところ、作戦用のトンネルは見つかっていないし、町や村へのトンネルの脅威も排除している。



戦闘員の仕事は戦い、必要なら殺されることだが、民間人の仕事は民間人でいることだ。戦うのではなく、殺されるのでもない。後に、国を守るというコミットメントに照らして私たちがとった行動についても、非常に厳しい問いを自らに投げかけなければならないだろう。私たちは腹を打たれたが、コンタクトラインを掌握し、そして今、私たちが決めた段階に従って、本格的な攻撃に入っている。だからといって、起こったことの困難さや深刻さが取り除かれるわけではない。私たちは戦っているし、すべてが『ラブラブ』ではないが、今はすべてが素晴らしい。私たちに厳しくするのは後にして、難しい質問は後にして。今は強さと決意の時だ。私たちが戦っているのは、音楽祭で罪のない人々を虐殺し、自宅で女性や子供たちを焼いた凶悪な敵だということを忘れてはならない。



ダン・ゴールドファスはイスラエル准将で、火編隊を指揮する。以前は歩兵軍団ナハール旅団第931オニキス大隊、第98空挺師団、ガザール・ナハール、シェイエット13の司令官を務めていた。(ウィキペディア)

クレジット:Ynet




Comments


bottom of page