top of page

生存者たちの話    

次を読む

早朝ランニングが死へのランニングに

  • Livnat S.'s story

手榴弾が爆発し、セーフルームのドアが開いてしまった。立ち込める煙の中、死を覚悟した。

ちょうど1週間前の土曜日、シムハット・トーラー(律法の感謝祭)の夜明け午前6時半に、「レッドアラート」のサイレンが鳴った。


私たちは娘のケセム(2歳)と息子のゲフェン(7歳)を抱え、すでにセーフルームにいた娘のシラン(10歳)と合流した。まだ眠くてうとうとしている間に、空を切り裂く銃声が聞こえ始めた。夫のアーリエと私は目を合わせ、瞬時に理解した。これはテロだと。


私は楽観的で、「心配しないで。敵はキブツに入って来ないよ」とシランに言った。私たちは国境のフェンスの内側にいるし、軍隊がすぐに危険を排除してくれるはずだ。しかし、その時すでにフェンスは壊されていて、何百人ものテロリストが侵入していたなんて、いったい誰が想像できただろう?


国道232号線は暗く、焼けた車だらけだった。地面には死体が散乱し、戦車が燃えていた

すべてがあっという間だった。同時に、とてもゆっくりだった。あらゆる方向から銃声が聞こえ、ガラスの破片がそこらじゅうに飛び散った。私たちはセーフルームの窓を開けて逃げようと奮闘した。外ではアラビア語の声が響き、そして手榴弾が爆発した。爆発の衝撃でセーフルームのドアが開いてしまった。すべてが煙に包まれ、もうおしまいだと悟った。

一瞬のうちにテロリストたちが部屋に入ってくるのが見えた。残忍さと悪が真っ向からやってくる恐怖。ゲフェンは隅にうずくまった。シランは天に向かって叫び、私を強く抱きしめた。「ママ、愛してる」と彼女は私の耳元でささやいた。私は眠っているケセムに覆いかぶさり、彼らに見つからないように願いながら息を潜めた。

アーリエは?驚くべき大胆さと神の介入の瞬間、彼はドアを制御し、閉めることに成功した!なんという奇跡…奇跡が起きたのだ!



この出来事が起こったとき、私はWhatsAppグループを通じてキブツの友人たちに知らせた。彼らは私の話を信じなかった。私が何か空想していると思ったようだ。キブツで銃声?手榴弾?誰がこんなことを予想できただろう?


振り返ってみれば、我が軍はまさにこのシナリオのために待機し、備えていたのではなかったか。私たちは、友人たちが助けを求める声を聞きながら、暗闇の中で怯えながら何時間も待ち続けた。私たちは見捨てられたのだ。なす術もなく、無力で、完全に孤独だった。応答する声はなかった。すぐに悪夢は終わるのだと、自分で自分を励ますしかなかった。その悪夢は、10時間にも及んだ。何の反応もないセーフルームでの10時間。映画でしか見られないような恐怖の10時間。友人たちが助けを求めて叫び、私たちがそれに応えられなかった10時間。何の応答もない深い沈黙の中で、救助を待つ10時間。


そして時が来て、国防軍が到着した。ドアを開けるよう言われたが、私たちは怯えて座ったまま、軍だとは信じられなかった。黙って座り続けていると、ドアを爆破すると脅してきた。その瞬間、「私たちはセーフルームにいる!爆破しないで!」と叫び返した。恐る恐るドアを開けると、光が見えた。それは確かに、私たちを大切に抱きしめてくれた兵士たちだった。しかし、外にどれほどの暗闇が待ち受けているのか、私たちは知らなかった。



Livnat S.'s story - Our destroyed house

破壊された私たちの家


私たちを含む何組かの家族が、安全な場所に避難できるまで一箇所に集められた。午後8時、ブービートラップが仕掛けられていないことを確認し、私たちは車に乗り込んだ。なんという惨状、殺戮…私たちは、車が使えなくなった友人たちを連れて、道路を走った。

折り重なって倒れる人たち…全ての窓が割られ、車内がガラスだらけの車…私たちは恐怖に怯えた。国道232号線は暗く、焼けた車だらけだった。地面には死体が散乱し、戦車が燃えていた。徐々に、私たちは多くの話を耳にするようになり、友人たちに関するニュースも入ってくるようになった。脳はそれを理解しようとしたが、心は壊れてしまった。


心も体もバラバラで、組み立て直すには時間がかかるだろう。失ったものの大きさも、すぐには理解できそうにない。私は心の底から傷ついてしまった。殺された友人たち、離れ離れになった家族たち、すべてを見聞きしてしまった幼い子供たち、そして破壊されたキブツのために。国家の安全保障が脅かされ、私たちが住んでいた家が失われたことについて、悲しみに暮れている。そして、かつて経験したことのないような恐怖と不安に襲われている。

それでもやはり、私たちや他の多くの人々に起こった奇跡を忘れることはできない。たくさんの奇跡が起きた。神の摂理だ。私は深く感謝し、今回起きた全てのことについて希望に満ちている。今は暗闇の中にいても、やがて夜明けが訪れ、すべてが私たちのよりよい未来のために起こったことに気づくだろうから。

傷ついた人々を守り受け入れようと決意して下さったイスラエルの人々に感謝します。愛こそが勝つ!


リブナット・S


Livnat S.'s story - Family picture

Livnat S.'s story - WhatsApp conversation

WhatsAppでの会話


「助けて」

「私たちの家に手榴弾を投げている」


「手榴弾じゃない。リビ落ち着いて、キブツ全体で聞こえるんだ。アイアンドーム(イスラエルの防空システム)かもしれない。」


「誰が手榴弾を投げるの?アイアンドームの音だと思うよ。」


「いいえ、リリー。何かを投げて、セーフルームのドアを開けたの」


「?」


Comentarios


bottom of page