top of page

生存者たちの話    

次を読む

私たちは射撃場のアヒルのように走っていた

  • Maayan Z.'s story

私たちのアパートの下には大量のテロリストがいたが、子どもたちのためにポーカーフェイスをしました

10月7日土曜日の朝、スデロットの住民はサイレンと爆発音にパニック状態で目を覚ましました!


私は夫に、ベッドから3歳の子どもを連れてくるよう叫びました。私たちは4歳の子供がまだ寝ていましたがそのままシェルターに逃げ込みました。ミサイルの音がとどろいていて、銃声がこだましていました。


何が起こっているのか、まだ理解できないでいました。


シェルターに入って30分後、私はトイレに行き、携帯電話を取り出しました!スデロットや近隣の町やコミュニティへの侵入、大量殺人...。といった情報が入ってきました。私は子供たちのために、私はポーカーフェイスでいなければならないと感じました。


避難所で3時間過ごした後、私たちは5階の隣人のところへ行きました。その間、私たちは起きていることすべてを見聞きし、またWhatsAppアプリに大量に写真が送られてきます......そして、私たちの建物の下に何十人ものテロリストが潜り込み、周囲の建物に次々と侵入していくのを見ました。


土曜日の夜、私たちは自分の家に戻りました。子供たちは、他人の家に長くいることに耐えられなかったからです。


その瞬間から3日間、私たちは完全なロックダウンの中で過ごしました。

家中に鍵をかけ、雨戸を閉め、空気も吸えず、子供たちは退屈で壁に頭を打ちつけていました。子供たちもテレビを見るのにうんざりしていました。


月曜日、私たちは警察に護衛してもらいながら、なんとか外に出て車に乗り込みました。

出発した瞬間から、私の足はアクセルペダルから離れませんでした!街から十分に離れてからやっと離れることができました。


私の心は打ち砕かれ、目は常に腫れ上がり、頭のドキドキが止まりませんでした...


マーヤンZ


Comments


bottom of page