top of page

生存者たちの話    

次を読む

テロリストは、まるでコンピューターゲームのように、視界に入るすべての人を銃で撃ち殺していた

  • Maayan P.'s story

私たちはアラビア語を聞きながら、両親のグループから『家の中にテロリストがいる』というメッセージを受け取った。


10月7日

朝6時


緊急のアラームが鳴った


こんな朝早くに?

土曜日だよね?


そして昨夜から、オメルにある祖父のシナゴーグでのシムチャト·トーラのお祝いに行こうかどうしようか迷っていた。気にしないで、行かないことにしよう。


ダニーと私はベッドから飛び起きて、ダニーはヤティールを連れて右方向にあるセーフルームに行き、私はすぐに左手にある娘達の部屋に行き、二人を起こして、セーフルームに走った



タヴォルはサイレンの音で目を覚まし、走り出した。私はアーベルの部屋に向かった。ドアを開けると、彼女もヤティールもすやすやと眠っていた(ヤティールはそこで寝ていたことが判明)。私は2人を起こした:「カラー·レッド」と言って、みんなでセーフルームに走った。ドアは私たちの後ろで閉まり、鉄の窓も閉まる。サイレンは鳴り止まない。 


最初に思ったのは、すぐに終わるからまた寝ようということだった。セーフルームに長くいるのは快適ではないので、ベッドに戻りたい気分だ。


アーベルはすぐに震え始めた。手、足、横になっても、落ち着くことができない。私は彼女を撫で撫でし、タヴォルは神様はきっと私たちを見守っていてくださる。心配しないで、私たちを見守っていてくださるから」。と彼女を慰めようとした。


あまり時間が経たないうちに、窓の外で銃声がする。ライフルだ。銃声はとても近く、私たちには、今回の侵入が、いつもとは違うことがわかった。私とダニーはぞっとした表情を交わす。子供たちの隣で言葉を発する勇気はない。私の頭の中には、これはテロリストと兵士のやり取りに違いない、という思いがある。テロリストが好き勝手に撃ちまくっているだけで、兵士の姿はないなんて考えられない。時間が過ぎる。


自分の携帯が寝室に置きっぱなしになっていることに気づく。ダニーとタヴォルの携帯にはメッセージが殺到している。アーベルは自分を落ち着かせようとしているが、時間がかかっている。タヴォルは楽観的で、ずっと応援している。彼らはまだ理解していない。黙っているんだ。銃声は続いている。家のすぐ外で、とても近くで聞こえる。


ダニーはドアのそばに立ち、取っ手につかまり始める。彼は冷静で、何の兆候も見せない。私たち2人は目で会話をする。私は隣人のテムとイディットにメッセージを書いた。彼らはセーフルームの外から聞こえる、アラビア語を聞いている。恐怖。娘たちに聞こえないことを願った。娘たちは成長していて、すぐにわかると思うから。


さらに時間が経った。父と、兄から電話がかかってきた(ダニーはさっき私の携帯を取りに走っていった)。オテフの村が侵入されたらしいと言った。私は、今ここにいると

と言いたいけれど、子供たちに聞かれるのが心配だ。気づかれないようにヒントを出したら、父と兄に伝わるり、彼等はショックを受けた。


時間がどんどん過ぎていく。子どもたちがおしっこをしたくなったので、ヤティールのゴミ箱から即席のトイレを作った。銃声は止まず、親達からのメッセージも絶えない。私の家の近所で人々が助けを求めて泣いている。誰も助けられない。胸が張り裂けそうだ。ダニーはドアの取っ手を握る力を強くし、ドアから手を離さない。






アーベルは落ち着いたが、今度は私の番だ。脱力感、ふらつき、吐き気、そして腹痛に襲われ、セーフルームでは耐えられないのでダニーにドアを開けてもらうよう説得してトイレに行った。トイレに座っていると、窓の外からアラビア語の叫び声が聞こえる。近くにいるわけではないが、それでも恐ろしい。本当だ。彼らはここにいる。私たちも私たちだ。私は青ざめながらセーフルームに戻り、ダニーに包丁を持ってくるようささやいた。彼は走って包丁を手に入れ、セーフルームは再び閉じられた。水も食料もない。ダニーはドアと取っ手から動こうとしない。私は交代を申し出るが、ダニーは聞き入れない。私は脱力し、軽いパニック発作を起こし、タボルは抱きしめて強ばっている。アーベルは半分眠り、ヤティールはYouTubeを見ている。私はまたトイレに行きたくなった。彼女たちは「行かないで」と懇願するが、私はダニーを説得し、2度目のトイレに行く。ダニーはその隙に水とスナックを買いに行く。私はセーフルームに戻る。ヤティールが食事をしている。今まで我慢していたなんて信じられない。


今度はタヴァーが怯える始めた。今では彼女はすべてを知っている。私が恐れていたことを彼女は理解している。私がいつも「ありえない」と言ってきたことを。「地下にバリアがある」というのが私のいつもの答えだった。私はなだめようとした。彼女はめまいを起こし、弱り、震えていた。


どのくらい時間が経ったのかわからない。シェリーはタヴォルに家族の様子を尋ねている。彼らは返事をしない。タヴォルはシェリーの妹モルに電話する。メールをしても返事がない。彼女は私に尋ね、私は電池切れだろうと言った。時間が経っても返事はない。タヴォルはモーの家から午前3時に帰ってきたという。どうしてモルは出ないの?「心配しないで、ブービ、大丈夫だから」。


コミュニティ·マネージャーがタイからメールを送ってきて、シェリーのボーイフレンドの電話番号を聞いてきた。彼は私の生徒だった。私が聞きたくないことは言わないで。彼女は言わない。私は理解し始めているが、彼女は否定する。私が言われない限り、まだ希望はある。


タヴァーは今、心配している。私は最悪の事態を恐れている。ダニーは8時間もドアの取っ手を握り続けている。

アーベルは酒を飲まなかった。気絶しそうな感じだ。


午後2時半ごろ、兵士たちが家に入ってきた。兵士たちは私たちに食料と水を与え、セーフルームに戻ることを許可した。チョレントを持っていく。食欲はない。ダニーとヤティールだけが少し口にする。


セーフルームに戻って2時間ほど。銃声は止まないが、兵士を見たので少し落ち着いた。グループには、シェリーの両親が目撃され、無事だと書かれている。タヴォルと私は安堵のため息を漏らした。


午後4時半になり、地域パトロールのリーが私たちの家の玄関に来た。「急いで荷物をまとめて、公民館に行きなさい。キブツ全体がそこにいる。次のことは後で考えよう」。

モル(17歳)と彼女の父親が家の中で殺されたのだ。昨日、彼女は私の家で食事をして、とても楽しい時間を過ごしたばかりだった。昨日、彼女は夜中の3時までタヴォルと遊んでいた。金色の心を持つ美しい隣人ロイも亡くなった。キブツのメンバーが誘拐されたのだ。どうしてそんなことが?どうしてそんなことがわかるの?タヴォルは壊れてしまった。隣人や友人と話して思うのは、テロリストが私たちの家に侵入しなかったのは、まさに奇跡だ!彼らは近隣のほとんどすべての家に侵入した。財産を破壊し、略奪し、セーフルームを破ろうとして失敗したケースもあった。血も凍るような恐ろしい話だ。私の子供たちがそのような経験をしなかったのは、なんと幸運なことだろう。


私は、家族と私が命の贈り物を受け取ったことを理解し始めている。なんという奇跡だろう。

それから24時間後、私たちはエイラトに避難した。

長くなった。最後まで読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

そして、数人のテロリストを殺し、私たちの命を救ってくれた地域パトロールの英雄的なメンバーに感謝する。

モル·メイル、ドロン·メイル、ロイ·ポプレベルz "lの思い出に捧げる。彼らの血に神の復讐がありますように。


Maayan P.





Comentários


bottom of page