top of page

生存者たちの話    

次を読む

私は空を見ていた - これまで見た中で最も美しい日の出の一つだった。そしてその後、ロケット弾 –

  • Rachel E.'s story

私は彼らに食べ物と飲み物を与えました。彼らが空腹になれば、銃を撃ち始めるだろうと思ったからです

午前7時、警報が鳴った。近所のシェルターから戻ると、窓ガラスが割られ、中に5匹の "ロットワイラー(テロリストの意味) "がいて、ラウミサイル、AK-47、手榴弾で武装していた。私の息子は警察官で、私が気にかけていたのは、彼らが息子を見つけないかどうかだった。見つければまず最初に彼らは私の息子を撃つと思ったからだ。彼らは 「アラーアクバル(アッラーは最も偉大なり)、私はシャヒード(殉教者)だ 」と言い始め、私の頭上に手榴弾をかざし、私たちに2階に行けと言った。夫と私は一緒だった。その間に数人の警察官が到着し、私を外に出してくれるよう交渉を始めた。彼らは私を解放しなかった。彼らは解放してほしい人質の名前を言って、その時に私を解放すると言った。私は彼らに話しかけ、「コーヒーか紅茶はいかが?」と尋ねた。彼らの気をそらしたかった。外にいた警官たち(そのうちの一人は私の息子)に、何か食べ物や飲み物を買ってくるように言った。何か夢の中にいるような気分だった。昼になると、私は彼らの気をそらすために、「お昼にする?私たちは兄弟なのだから、こんなことしないで」と話しかけてみたが、一人が「いや、私はシャヒードだ」と答え、夫の頭に銃を向けた。私は夫に、「さあ、私と一緒に座って、『シェマ・イスラエル』の祈りを唱えよう。」と言った。

そんな中、夫が 「レイチェル、彼らは私たちを撃つつもりだ 」と言ったんです。アレックスという警官がテロリストに話しかけ、「レイチェルを私たちに解放し、デビッドを担保にし、奥さんや子供たちと話すための電話を渡そう」と言うと、彼は「いや、もしみんなが死んだら、子供たちと話す必要はない。私たちが死ねば、あなたも死ぬし、レイチェルもデビッドも死ぬ。」と言った。私は彼らに何をしているのか、何歳なのかを尋ねた。私は彼らにリオール・ナルキスの歌を教えると言い、食べ物と飲み物を与えた。もし彼らが空腹になったら、銃を撃ち始めるのではないかと思ったからだ。

息子が私の息子だと言うなと私に合図するのを見た。警官の一人がテロリストは何人かと聞いてきたので、私は頭に手を置き、手で「5」とジェスチャーした。テロリストの一人が私に警告し、「レイチェル、ディル・バラク(気をつけろ)、バカなことをするな 」と言った。私は頭が痛いだけだと言った。

テロリストの一人が降りてきて、警官が彼を撃ち、もう一人が負傷した。その間に、私は負傷者に手当をしようかと言った。私は包帯を持ってきて彼の手を手当てし、「心配しないで、寝なさい。何か食べたり飲んだりしたいかいですか?」と聞いた。彼は水を頼んだ。警察官がパイナップルの缶詰を持ってきたので、私は 「顔色が悪いようだから、甘いものを食べればよくなりますよ 」と言った。その間、手榴弾は私の頭の上にあり、銃は私に向けられ、ラウミサイルもそこにある。私は、やれやれ、どうしよう と思った。それで彼に言った。「今何時なのか教えてください 」と聞いた。テロリストは時々、アレックス警官に 「ディル・バラク(気をつけろ) 」と言って、バカなことをするなと警告し、警官は彼を落ち着かせる。テロリストは窓の外をずっと見ていて、私たちを救出するためにこれ以上他の人達が来ないかと見ていた。私は絶望的な気分になり始め、アレックスに言った。「もしかしたら、彼らに私を撃つように言うべきなのかもしれない!」。するとアレックスが、「レイチェル、大丈夫。あなたの息子さんはあなたが缶詰を食べたかどうか聞いていましたよ」。この言葉のおかけで、息子は私がここにいることを知っていて、来てくれていることを思い出させてくれた。

息子は特殊部隊のために家の地図を作ったのだと思う。

午前2時半、私はソファに座っていた。テロリストは私たちの隣にいた。特殊部隊がバルコニーと屋根から入ってきた。後で「どうやって屋根から入り口があることを知ったんですか?」と尋ねると、「ドローンを飛ばした」と言っていた。

私は身を隠し、夫は私を守るために飛び降りた。

テロリストは皆殺しにされ、私たちはなんとか外に出ることができた。どうやって外に出たのかわからないし、靴も履いていなかった。

私は兵士たちに、「あたなたたちは英雄です、私の命を救ってくれました。」と言った。兵士の一人が私に言った。」

「私たちは兵士で、あなたが英雄です!テロリストたちの話を聞いて、食べ物と水を与えたんだから。」私はどうやったのかわからない。SWATチームが彼らを撃ったとき、彼らは私のすぐ隣に座っていた。どうやって生きて帰れたのかわからない。

レイチェル

出典 Ynet

댓글


bottom of page