top of page

生存者たちの話    

次を読む

最愛の義弟の死が私たち全員を救った

  • Dor T.'s story

私は生きたい。こんなところでは死ねない。い・き・た・い

10月7日。


その日を生涯忘れることはないだろう。


私は今まさに経験していることを書き連ねることにした。もしかすれば、気が楽になるかもしれないから。


たくさんのサポートにはただ驚くばかりだが、なぜか気持ちは晴れない。苦しい気持ちは変わらず、自分でもなぜだか分からない。


みんなに元気かと聞かれるが、いつも同じ答えだ。「私は大丈夫、生きている」。 その 「私は生きている」という言葉は、あそこから抜け出したとわかった瞬間から、ギヴァタイム(町の名前)にある私のアパートに戻るまで、私の頭の中で繰り返し響いていた。


私たちは泣き、本当に強く抱き合った。私は生きている。生き延びたんだ。



私がどうやって生き延びたかの詳細はどうでもいいことだ。私たちが選んだ脱出ルートはすべて幸運で、大きな奇跡だった。


そこでどれだけの奇跡が起こったのか、いつ気づいたのだろう? 家に戻ってから、何時間も座ってニュースを見ていた。そして、すべてを客観的に、後から振り返って見たんだ。そのとき初めて、私たちはどこにいたのか、何から救われたのかがわかった。


そして、もし私たちがあと15~20分パーティーに残っていたら、もしテトリスト集団が来たときにすぐにそこを逃げ出していなかったら、もし多くの人たちと同じように車を捨てていたら、もし他の人たちと同じように左折せずに右折していたら、もし泥から車を引き上げることができなかったら、もしできるだけ速く運転していなかったら、どうなっていただろう。それは世界で最も恐ろしいことだった。


そして、殺害された人々や誘拐された人々を目の当たりにして、私たちの誰かが簡単に殺されていたかもしれないと思った。しかし、私たちには守護天使がいたようで、奇跡を起こす人がいた。


生き残れるかどうかもわからない2時間、永遠に感じられた2時間、私の頭の中にあったのはただ「生きたい」ということだけだった。死んでいる場合じゃない。い・き・た・い。


そしてここで、あなたの質問に答えるなら、私は大丈夫、生きている。


ドール・T







Comentarios


bottom of page