top of page

生存者たちの話    

次を読む

私たちは手をつないで命からがら逃げ出した。そして、私は言った。「少なくとも死ぬ時は一緒だよ」

  • Ariella R.'s story

血と死体の臭いが一生頭から消えない。


彼らは私の家を奪った。


私の基地は第二の家から墓地へと変わった。


安全な場所から最大の悪夢へと。


午前6時、指令室で今まで聞いたことのないような爆発音で目を覚ました。シフト勤務の兵士たちは、基地があらゆる方向から突破されていると叫び始めた。

絶対に起こらないと思っていた砲兵監視員の悪夢が現実になったのだ。

私は、彼らが我々の基地に潜入しようとしていることを知っていたので、指令室に全員を呼ばなければならなかった。


不安でいっぱいの私は、みんなに電話をかけた。

同時に指令室の入り口に行くと、100メートル先にロケット弾が着弾して煙を上げていた。

突然、彼らは私たち地を狙撃してきた。監視カメラはもはや機能していなかった。

そして、テロリストが正門にいることがわかった。


大隊副司令官の妻と生後8ヶ月の娘と一緒にパソコンの後ろに隠れて、海軍の戦闘機では聞いたこともないような爆発音を聞きながら、赤ん坊が怖がらないように、何事もないふりをしなければならない。

数分後、正門前におよそ200人のテロリストが現れ、最初の銃撃で友人たちが死亡した。





心の中では、これが私の最後の瞬間だと思っていた。そして、トイレに行けなかったから、その場でそのままおしっこをした。みんな泣き叫びながら、シェマ・イスラエル(ユダヤ教の儀式の言葉)を祈り、生きて帰れたら安息日を守ると誓った。赤ん坊は泣き止まなかった。


数時間が過ぎた。

12時間以内に指令室にたどり着けなかった唯一の友人で、殺されたと確信していたアディから突然連絡があった。

そして12時間後、彼女が経験したであろうことは想像もつかないし想像もしたくないことを通った後、彼女は621部隊(エゴズ)に救出された。

兵士たちが指令室に入り、万が一潜入された場合に備えて部屋を守ってくれた。そして負傷した兵士が一人、また一人、また一人と部屋に入り、その負傷は酷いものであった。私は損傷が酷くて顔を向けることができなかった。


私は残り少ない水を負傷兵全員に少しずつ配った。しばらくして停電が起こった。とてつもなく暑くなり、床は血だらけで、世界中が見たこともないような殺人現場となり、死体のにおいが充満し、負傷者はみな気を失っていた。彼らが眠ってしまわないようにしなければならなかった。さもなければ死んでしまうから。

突然、血まみれの親友がやってきて、私を殴りながら『みんな死んだんだ』と叫んだ。私は指令室の士気をできるだけ高く保つために、彼を止めさせなければならなかった。

私はできる限りの人に止血帯を巻いたが、同時に別の負傷した友人がやってきて、「みんな死んだ。何も聞こえない」と叫んだ。彼に向かって70発の手榴弾が投げつけられたが、奇跡的に彼は生きてここに辿り着いた。


私たちは小さな指令室で防御を固めたが、戦える兵士の数は徐々に減っていった。中隊全体で7人が生き残り、残りは戦死した。


午後10時。

指令室は信じられないほど暗かった。

テロリストは作戦室の屋上にRPGを持っていて、私たちは救出されることを願っていた。あと数分以内に救出されなければ、みんな死んでしまうと思った。私たちはクローゼットの下に隠れ、シェマ・イスラエルと言いながら泣いた。私たちは死が近づいていることを知っていたから。血のにおい、焼けた爆弾のにおい、汗のにおい……。これらは一生私の記憶から消えないだろう。そこで私は、人生はでたらめで、生きている限り、他のことはすべておまけだということを理解した。


突然、親友が無事に歩いてくる、これ以上の安堵することはない。

夜の11時、621部隊が到着した。11時5分、部隊の半数が迫撃砲の爆撃を受けて壊滅した。今までに聞いたことのない爆音だった。

司令官が入ってきて私たちを落ち着かせ、生きて帰すと約束した。

11時34分、私たちは2列に並んで、できるだけ静かに、ただ私たちが見つからないように神に祈った。私たちは外に出て歩いた。たったの7分が人生で一番長い距離だった。基地全体が友人たちの遺体で埋め尽くされ、シナゴーグは焼き払われ、基地全体がめちゃくちゃな状態となった。ただただ生きて帰れるよう祈った。



共有することで、あいつらが私たちに何をしたのかを全世界に知らしめることができるだろう。


第51ゴラニ大隊へ、あなたは私の命を救ってくれた。私は一生の間あなたに感謝し、私の心臓が鼓動している限り、毎日あなたに敬礼します。あなたたちは真のヒーローです。そして、戦いを生き延びることができなかった人たちへ、私はあなたたちが息を引き取るまで戦ったことを心から知っている。そのことに敬意を表します。

指令室の友人たちへ-あなたたちなしでは生き残れなかった。

友人たちのために祈り続けます。


Ariella R.


Comments


bottom of page