top of page

生存者たちの話    

次を読む

もはや戦闘音はなく声だけが響いた。テロリストたちは歌い踊りながら愛する人々皆殺しにした

  • Naama G.'s story

悲鳴、汗、血、ゴミ、肉片に囲まれていた

虐殺パーティー


金曜日(10月6日)、私は車で『NOVA音楽祭』のチームマネージャーとして出勤した。楽しみだった。ドウシ、クッキー、インバーとともに、エイルキンが私を迎えに来てくれた。パーティーへの道中、私たちは気合を入れ、ついにこの時が来たと感激した。パーティーに到着し、カンタ(くつろぎスペース)をオープンした。しかし、ちょっと不思議な雰囲気だった。ドウシ、クッキー、そして私はカンタの中に座り、自分たちの気持ちを語り合うことができなかった。


Eilkin, Doushi, Cookey, Inbar and Naama

朝6時頃、DJのヤリン・アーティフェックス(彼はとても才能がある上に、大切な友人でもあった)が日の出のセットをプレイするためにやってきた。私たちは少し身体を動かそうとダンスフロアに向かった。私たちが楽しみ始めたとたん、音楽が止まった。パーティー会場にテロリストが潜入したので、私たちは命からがら逃げなければならないというアナウンスが流れたのだ。一方、空は映画のワンシーンのようにミサイルとミサイル迎撃(アイアンドーム)で埋め尽くされていた。警察官は車で逃げるよう促していたが、4000人が車で逃げようとするなら、誰も逃げられないだろうと私たちは考えた。

私たちの考えが勝り、畑に出ることにした。ドウシがシェマ・イスラエルの祈りを読み上げてくれた。しかし実際は、まだ始まったばかりだった。車から降りて走り出そうとしたとき、テロリストたちが徒歩で延々と入ってくるのが見えた。彼らはあらゆる種類の武器を持っていて、私たちは今が走る時、たくさん祈る時だと思った。その時点で、誰かが生き残れば奇跡だとも思った。それからは、すべてがただの運命だった。

撃たれながら15分ほど走った後、誰かが私をゴミ箱に押し込んだ。私たちは、私とおそらく他の10人くらいで、3時間ほどそこに隠れた。周りでは銃声が聞こえ、テロリストが「アッラーフ・アクバル(アッラーは最も偉大なり)」と叫んでいた。私たちは混乱が収まることだけを祈った。私たちは自問した: 国防軍はどこ?警察はどこ?誰かが救助に来てくれるのだろうか?私たちの頭上でミサイルが発射されているのに、警察も他の兵士も、誰も答えてくれなかった。

多くの人々が負傷し、あちこちで悲鳴が上がり、銃弾が鳴り響き、車が爆発し、武器を持った多くのガザのテロリストたちが跳ね回り、祝杯をあげ、銃を乱射した。私たちはNOVA(パーティー)を祝いに来ただけだったのに。

汗まみれ、小便まみれで、日が差すゴミ箱に3時間ほど隠れていると、すぐ近くでテロリストの声がした。私はそこに横たわっていた女性一人に、彼が私たちを殺しに来ないように静かにするように頼んだ。しかし、彼女は体勢を変えて移動しなければならないと言った。私たちの下のゴミの上に積まれていたプラスチックが音を立てた。ほんの一瞬のうちにテロリストはゴミのコンテナの中に入り、私たち全員に向かって銃を撃ち、「アッラーフ・アクバル!」と大声で叫んだ。


美形で善良な男性2人は、頭を撃たれて私たちの目の前で倒れた。残りの女性たちは体中いたるところを撃たれた。

美形で善良な男性2人は、頭を撃たれて私たちの目の前で倒れた。残りの女性たちは体中いたるところを撃たれ、私は両方の太ももの上と肩を撃たれた。どうやら、私の肩に当たった弾丸がノアムの靴底に当たり、彼女の左足は私に当たったその弾丸のおかげで助かったようだ。私は母に電話し、愛していると伝えたが、今回は生き残ることができそうにない。

私は悲鳴、汗、血、ゴミ、そして肉片に囲まれていた。こんなにも無力で、身動きもとれない状態では、すべての意味を失ってしまう。その時、時間との戦いが始まり、天使たち(救助隊)が私を保護し、死から生へと戻してくれた。パーティーの警備をしていたロムが、ヤギル(プロデューサー兼警備責任者)と一緒に私のところに走ってきた。彼らはコンテナの開口部までやってきて、這いつくばってくるよう私に促した。彼らは私に、救出は銃撃の中で行われていると言った。この時、私はゴミ袋の下で30分以上死んだふりをしていた。そこから脱出するためには、自分の中に残っている最後の力をすべて使わなければならないと思った。私はヤギルとロムのところまで行くには、死体の間を這っていかなければならなかった。

私が彼らのところに行くと、すでに両手を撃たれていたロムが私を担ぎ、私に微笑みかけ、心配するな、彼が面倒を見るからと言った。銃弾とミサイルの狭間で、両手を撃たれた後、彼は人々を救出していた。私が救出された瞬間、ロムは行方不明になった。私は彼が生きていることを祈り続け、満面の笑みでその場の恐怖を乗り切った。

軍の医療ステーションでは、兵士たちは十分な医薬品を持っていなかった。彼らは私の左足の傷にだけ動脈止血帯をつけた。口紅で私の額に12時と書いた。私の唯一の選択肢は、どんな困難があろうともまだ手足が残っていることを祈ることだった。

激しい銃撃の中、警察車両が私を避難させた。私が後部座席に横たわり、血を流している間、あちこちで銃撃があった。最初の救急車に着いたとき、救急隊員は震えていた。輸血も鎮痛剤も持っていなかった。チームは、その救急車では私を助けられないと判断すると、私は再び激しい銃撃を受けながら、「ユナイテッド・ハツァラ」(ボランティア組織)の別の救急車に運ばれた。そこで私を迎えたのはノアム、ノア、ヤアラの3人だった。彼らは、私が死の淵に立たされていたにもかかわらず、見事な落ち着きと冷静さを保っていた。

頭がぼーっとして、しゃべるのもつらかった。その救急車も鎮痛剤を切らしていたので、ヤアラはすぐに別の救急車の隣に止まり、窓からケタミンを注射してくれた。これは画期的な方法だった。ヤアラが私の左肩にケタミンを注射してから30秒後、私の脳はハワイで休暇を過ごしているような感覚に陥った。何も感じず、状況をそれ以上理解することもなく、この悪夢を生き延びられるかどうかなど考えもしなかった。

現場の上空を飛んでいるような気分だった。理解できない疑問がたくさんあった: なぜ私はそこにいたのか?なぜテロリストは私を撃ったのか?なぜこのような状況に陥ったのか?私の友人たちは無事なのか?友人たちはどこにいるのか?などや、私はこれまで生きてきた人生に満足していたのだろうか?なぜこのことを考えたかといえば、私の人生は終わろうとしていたからだ。私は何かを変えただろうか?愛しているのに話をしていない人はいるのだろうか?死がドアをノックしているのに、こんなにたくさんのことを一度に考えることが可能だとは信じられなかった。

救急車の中で意識が朦朧とし、さらに大量の血液を失った後、私は病院に到着した。私は意識がなく、大量の血液を失い、静脈も通っていなかった(首に中心静脈ラインが入っていた)。彼らは私に輸血を始めた。ここからは私の話ではない。傷ついた私の体だけが外科医のテーブルの上にあり、私の命を救うと決めた天使たち(医師たち)に囲まれていたからだ。

1カ月ほどに感じられたおよそ1日後、私は病院で人工呼吸を受けて目を覚ました。私は右足を動かし、次に左足を動かした。私は、両親が自分たちに起こった奇跡のために、喜びに圧倒されて立っているのに気づいた。私は左足を失っていないことがわかり、神に感謝した。そして、安全な場所にいること、生きていることに感謝した。

この時、愛するエイルキンが殺されたことを知った。ドウシとエデンは無事に逃げ、私の愛するインバルはハマスにバギーで拉致され、意識不明のままガザに向かったと知らせがあった。私はいまだにこれらの現実を受け入れることができないでいる


母に電話して、愛していると伝えたが、今回は生き残ることができそうにない。

丸一日、命がけで戦った後、私は脱水症状で弱っていた。次の手術を待つ間、食べることも飲むことも許されず、血液をもらいながらぼんやりとした気分だった。突然、もう一人の天使、アディがやってきた。彼女は私が脱水症状を感じないように口に水を与え、また自分で呼吸する方法を教えてくれた。完全に目が覚めるとすぐに、私は、銃創の治癒を助けるユニークな技術を開発した形成外科医のトパーズ博士による、さらに別の手術にかけられた。その技術とは、巨大なプラスチック製の器具、金属棒、縫合糸、そして人工スポンジの下に抗生物質を直接流し込むというものだ。これらは私が撃たれたすべての場所に挿入された。手術の翌朝、私はまた朦朧とした意識の中で目を覚まし、激痛に襲われ、自分の足で再び立ち上がるための戦いは始まったばかりだと悟った。

一度に1時間以上眠るようにしなければならない。もういない友人の夢や、私を3発も撃ったガザのテロリストの夢や、目の前で爆発した車の夢や、ゴミのコンテナの中で飛んでくる友人の体の肉片の夢や、死にそうな気持ちの夢を見るのをやめなければならない。このような思いは尽きないし、すぐには止まらないだろう。私の思いも、このような経験をした他のすべての人たちの思いも、多くの愛する人を失った家で立ちつくしている人たちの思いも。


Naama on a hospital bed with a gunshot wound on her shoulder

今日、私は生きていることに感謝し、友人の何人かが(残念ながら多くはないが)生き延びたことに感謝している。多くの人々やラビたちが、私のような幸運を少しでももらおうと、私に会いに来てくれた。こうして私は、ハイファに住む無邪気な25歳の少女から、医学的にも奇跡的な戦争犠牲者となった。私の幸運の一部を得ようと、人々が私のもとを訪れるほど奇跡的なことなのだ。

外傷室で私を受け入れ、入院中ずっと一緒にいてくれたベン・ウスマニに感謝したい。食べ物やプレゼントなど、入院生活をより良いものにするために、何でも持ってきてくれた。あなたは私の天使だ!

また、私の病室を訪れて食べ物や暖かい飲み物、石鹸やその他の贈り物を配ってくれた何千人ものボランティアにも感謝したい。『Eretz Nehederet』(テレビの番組名)の出演者たち、そして私の暗い日々を明るく照らしてくれたドゥドゥ・タサ(音楽家)に。勇気と愛情をもって私の面倒を見てくれたアスータ・アシュドッドの整形外科病棟のみんな。奇跡が起こり、幸運にも新しい人生を送ることができたことを忘れさせないでくれた病院のラビ主任に。一週間私にとって第二の母のような存在であった整形外科病棟関係責任者のキネレトさん、本当に愛しています。

眠れない夜が続き、心配が尽きないこのクレイジーな旅を一緒に歩んでくれた両親に。私のことを尋ね、見舞いに来て私を喜ばせてくれた世界中の友人たち。多くの犠牲者を出したにもかかわらず、この悲劇を大人しく責任ある態度で乗り切ってくれたNOVAの人々。毎日見舞いに来てくれたり、電話で様子を聞いてくれたり、もちろん贈り物も送ってくれた。旅の最初から私を見守ってくれた守護天使たちに感謝する。あなたたちなしでは今の私はここにはいません。

最後に、皆さんへのちょっとしたアドバイスで締めくくろうと思う。私たちの国全体が今、ポスト・トラウマを経験している。このことは誰もが経験すべきことではありません。将来的に大きな問題にならないよう、一刻も早くこの問題に対処しなければいけません。健全な肉体には健全な魂が宿ります。 私たち全員が関係者に連絡し、この恐ろしい傷について話し合わなければなりません。私は、ボランティアで協力してくれるトラウマや心理学の専門家数十人のリストが手元にある。元気づけてくれる前向きな人々があなたの周りにいること実感してください。そして、(たとえ4分の1しか入っていなくても)コップの半分が満たされていることに目を向け、生き残った愛する人たちに感謝することを忘れないで。

運命により私は2023年10月7日に生まれ変わった。私の中と私の周りにどれだけの力強さがあるのか教えてくれてありがとう。来年のNOVA音楽祭記念日にお会いしましょう。 ナーマ・G

close up of Naama smiling on her hospital bed

Comments


bottom of page