top of page

生存者たちの話    

次を読む

私は顔に血を塗り、3時間の間死んだふりをした

  • Sagi G.'s story

私は空を見ていた - これまで見た中で最も美しい日の出の一つだった。そしてその後、ロケット弾 –

朝6時半、私は友人たちとパーティ会場の外の駐車場にいた。飲みに行って戻ってくるつもりだった。空を見ていると、今まで見たこともないような美しい日の出が見えた。その後一筋の光が見えた。一瞬、理解できなかった...。

何十発ものミサイルと迎撃ミサイルが私たちの頭上で爆発した。私たちは、パーティーが終わり、大勢の人々がパーティーから避難することになるのだと悟った。ストレスフルな経験だが、私たちが生きているシュールな現実では「理解できる」経験だ。とはいえ、私たちがどんな出来事に直面しているか、誰も想像できなかったと思う。

私たちはすぐにキャンプを片付け、男たちは二手に分かれた。私は友人の車に乗り、彼女が運転していた。嫌な予感がして、とにかく逃げ出したかった。警備員たちを見てみると、彼らは何をすべきなのか見当もつかない様子だった。そのうちの一人が、ベイト・カマ方面に車を走らせることを勧めてくれたので、Wazeアプリにその住所を入れた。

満員の駐車場を出て右折した。30秒ほど走ると、銃弾を受けた車が反対方向に走り、大勢の人々が道路脇の防空壕に向かって走っているのが見えた。

私たちは道の真ん中に車を止め、シェルターのひとつに入った。40~50人ほどがひしめき合っていた。人々は怯えていた。後でこのシェルターに手榴弾が投げ込まれ、そこにいた全員が虐殺された可能性が高い。

1、2分後、私は友人にそこに留まる可能性はないことを告げ、車の鍵を取って彼女と車に戻った。外で銃声が聞こえた。私は車を発進させ、向きを変えて反対方向に走った。500メートルほど走ったところで、外に出ようとする他の車によって道がふさがれた。私たちが来たところから戻ってくる銃弾を受けた車や、血を流している人たちが、まだパーティーから出ようとしている他の人たちに右折するよう合図をしているのが見えた。

私たちは車を置いた。そこに車を置いて、私たちはただ走った。背後では銃声が聞こえ、人々が混乱していた。私たちは自分たちがどの方向に走っているのかよくわからなかった。ただ、走っている人たちがいて、撃たれていないのが見えたので、その人たちについていった。

私たちは開けた野原を移動しようとした。銃声が聞こえるたびに、反対方向に走った。私たちは300~400人ほどで、まさにリアル脱出だった。

私たちは20キロほど歩いたり走ったりして、パティシュ地区に到着した。私たちは周囲を見回し、テロリストに攻撃されていないことを確認するのに必死だったので、ミサイルに配慮する余裕はなかった。






逃亡中、私たちの安否を気遣う友人や家族から何度も電話があり、私たちの居場所を探ったり、どうすべきか助言してくれたりした。

あるとき、私は電話をマナーモードにして、この国の状況をできるだけ知りたくないと言った。私たちが安全になるまで、心配する家族や友人にはできるだけ知られたくないと。

その時思ったのは、今、国家は存在せず、私たちはハルマゲドンの中にいるのではないかということだった。今、誰が私たちを迎えに来るのだろう?

キブツ・ベエリやその他の地域にテロリストがいることは知っていた。だから私たちは主に自分の直感を信じた。人々はパニックに陥り、アドレナリンを大量に分泌し、お互いにストレスを感じながら、留まるべきか、隠れるべきか、歩き続けるべきかを決めようとしていた。どんな小さな物音にも警戒し、猜疑心を抱く。あらゆる情報が次の決断に影響する。

私たちはひたすら歩き続け、隠れるべきだと言われた温室エリアにたどり着いた。何人かはそこに残ったが、ほとんどの者は歩き続けた。約3時間後、おそらくパティシュ地区からだろうか、イスラエル人の車が見えた。彼らは、このルートを歩き続けろ、そこは安全だと言いに来た。

私たちは4時間後に到着した。彼らは私たちを歓迎し、戦争難民のように水と食料をくれた。超ストレスフルな1時間か1時間半の後、誰もが混乱し、主にショックを受け、何が起こったのかを理解し始めたところだった。

私たちはベエル・シェバに送られたバスに乗り込み、そこからパーティに参加していた女の子の父親(天使のような存在)と一緒にまっすぐ家に帰った。道中ずっと、まだ連絡を取っていない友人たちのこと、私たちに起こったこと、他の人たちから聞いたシュールな話について考えていた。

これは歴史的な出来事であり、自分がその渦中にいること、そして国中がそのことだけを話題にしていることに気づき始める。どうすれば生き残れるか考える必要がある。

足首を捻挫し、さらに足に乾いた傷と腕に切り傷があることに気づいたのは、その翌日だった。しかし、このようなことは、そこで惨殺された、あるいはもっと悪いことに誘拐された、多くの友人や友人の友人たちに比べれば何でもない。

私の魂は、今経験したことに対処すべきか、それとも戻ってこなかったパーティーの友人たちが経験したことに対処すべきか、そして虐殺された家族や誘拐された罪のない人々に対処すべきか、わからない。彼らに何が起こっているのかは、神のみぞ知ることなのだ。

サギ・G




Opmerkingen


bottom of page