top of page

生存者たちの話    

次を読む

.

  • May H.'s story

私は顔に血を塗り、3時間の間死んだふりをした

私はリロンと遺書に音楽祭のバーに働きに出かけた。私たちは一晩中、そして翌朝まで一緒に過ごし、とても楽しい時間を過ごした。素晴らしい日の出があったので、座ってコーヒーを飲んで休もうと、キャラバンの方へ向かっていたところだった。するとロケット弾が打ち込まれ始めた。音楽が止み、私たちは家に帰れるようにロケットの弾幕が止まるのを待った。すると友人のバルから電話がかかってきて、自分たちも道路を走っている人たちもみんな銃撃されていると教えてくれた。リロンと私は警察に駆け込み、助けを送ってもらおうとしたが、そのときにテトリストがすぐ近くまで迫ってきていることに気がついた。大混乱だった。私たちはみんな地面に座っていた。ある人は泣き、ある人は叫び、ある人はパニック発作を起こし、ある人は完全に沈黙していた。私とリロンがそうするようにー私は泣いている人たちを抱きしめた。そしてリロンはーリロンらしくー私たちが銃撃を受けている間、負傷者を助けていた。


銃声が近づいてきた。警官たちはドアのそばに武器を構えて立っていて、互いに怯えた表情で 「奴らを捕まえに行くぞ」と言った。彼らは私たちに向かって言った「祈れ、そして逃げろ」。彼らは銃撃を始め、次々と倒れていった。私たちがいるコンテナをめがけて何発も銃弾が撃ち込まれ、一瞬、嵐の中に静寂が訪れた。そして私たちは平原に逃げ出した。振り返るとリロンがいた。リロンは私たちと一緒に来なかった。私たちは命からがら走って、その辺にあった救急車を見つけ、あらゆる方向から銃声がする中、その後ろに隠れた。前方で誰かが 「こっちへ来い、こっちの方が安全だ」と叫んでいるのが見えたので、彼のところへ走った。誰も一緒に来てくれなかった。


私たちは走り出し、車が近づいてくるのが見えた。音楽祭の参加者が運転していて、彼は私たちに言った。「車に乗れ、大通りに行くから逃げよう、早く」。私たちは彼の車に乗り込み、彼が運転した。テロリストが私たちを撃っている間に、彼は反対側にUターンした。車はまた平原に戻ったが、彼らがまだ銃を撃っている間に、砂にはまり込んでしまった。私たちは車から飛び出して逃げ、車を運転していた男は姿を消した。私ともう一人の男だけが残った。私たちは走り続け、彼は地面に穴を見つけた。私たちは穴に入り、手をつないで祈った。私は彼に言った。 「ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)で死んだふりをして生き延びた人たちがいたでしょう。私たちもそうしなければ」。彼は私たちに砂をかけた。1時間ほどの間、息を潜めていた。すると足音が聞こえてきた。私たちは祈った。でもテロリストたちは私たちを見つけた。8人ものテロリストがいた。


撃たれると思って目をつぶっていると、彼らは私たちを穴から引き上げ、携帯電話やポケットに入れていたものすべてを取り上げた。そして「あと2人、人質がいる」と言った。そのうちの1人がアラビア語で話しかけてきたので、私はアラビア語がわからないと言った。私は叫びもせず、抵抗もせず、無気力になった。私がタンクトップを着ていたせいで、みんなが私を肉片のように見ている中、彼は私に上着を着せてくれた。彼は私の頭に帽子をかぶせ、私の手を取った。彼は片手で私の手を握り、もう片方の手にはミサイルを持っていた。私たちは歩き始めた。彼らがタバコや酒など、その辺にあるものを探しているのが見えたので、私も手伝って、いくつか見つけてあげた。抵抗はしなかった。固まっていた。


一緒にいた男は命乞いをし、泣いていた。私は彼に「泣かないで、彼らをイラつかせるだけだ。きっと大丈夫」と言った。最初は私の言うことを聞いてくれた。何人かはナイフを、何人かはハンマーを持っていた。彼は膝をつき、また叫び、泣き、命乞いをした。でもすぐにもう叫べなくなった。テロリストは私の目の前で彼を殺したのだ。私は取り残された。テロリストの1人は私を辱めるために数秒おきに木の板で私を殴り、1人はナイフを持ち、数秒おきにナイフを近づけてきた。でも、私の手を取っているテロリストの1人は彼らに怒鳴り、そして私を保護してくれた。


何百もの死体、血、散らばった肉片に囲まれながら、私たちは歩き続けた。車の前に着いた。私は背筋を伸ばしてナイフを持った男を探し、車に乗せられる前にナイフで自殺しようとした。車は動かなかった。私たちは歩き続け、ナイフを持ったテロリストは、私と一緒にいた男を殺したばかりだった。その男は私に「もし逃げようとしたら、お前の友達を殺したように、お前も殺すぞ」と言った。私は立ったままだったが、そのとき、私を守ってくれたテロリストが「行け」と言った。私は走り出し、振り返って、彼らが私に武器を向けていないのを確認し、狂ったように走った。


ステージの下に隠れ、3人の死体の横に横になった。隣の死体から滴り落ちる血を少し取って顔に塗り、まるで死んだかのように3時間横たわった。テロリストがそこらじゅうで銃を乱射し、周囲を焼き尽くし、頭上にはミサイルが飛び交う3時間、死体の中に横たわって身を守ろうとした3時間、生きているのは自分だけだと思った3時間。突然、私はヘブライ語を聞いた。私は助けを求めて叫んだ。それは軍で、救急隊員や他の生存者のいるトレーラーに連れて行かれた。銃撃は続いていた。私は負傷者に囲まれ、ここには書けない光景を目の当たりにした。


彼らは私の魂を殺した。私はいつかそれが癒やされることを願っている。しかし、彼らは私の友人、私のリロン、私のヒーローを殺した。そして彼女は永遠に戻ってくることはないのだ。


メイ・H


Comentários


bottom of page