top of page

生存者たちの話    

次を読む

これこそが本当の恐怖、、、

  • Einav A.'s story

終わらない悪夢、、でも今僕はここで生きて証言をしているんだ

僕たちが経験したことは、どんな言葉や描写を使っても言い表すことは出来ない。愛する人たちを失った家族や、誘拐された人たちのことを深く思います。でも、我らが国家はこの戦いに勝つことを確信しています。


Saturday, October 7th, 2023.


僕らは、自分が何を望んでいるか、時に、真剣に考えなければならない。悲惨な結果になることもある。昨日(10月6日)のことから、書き出そう。肉体的にも精神的にも疲れ切っていた。仕事は早く終わったけど、一日中眠れなかったんだ。Alma(彼女)が来て、屋上から夕陽を見ていた。僕は必要なものを全部かばんに詰めた。数か月前にインドのバックパックの旅から帰って来たばかり。それに比べたら自然の中でのパーティーなんて、かなり楽勝。Gal(女の子)が僕らを迎えに来た。僕は寝れるかわからないけど、車の中で寝ようとしていた。


パーティに向かう前に、オファキムに住んでいる友だちのAmitの家に、軽く一杯やるために立ち寄った。他の女の子たちや、Gal(このGalは男。)は、パーティのために、めちゃくちゃいっぱいスナックを買ってきて、後から合流した。このパーティをずっと楽しみにはしていたけれど、みんな少々疲れ気味。期待しているより楽しめないんじゃないかと思って、、でも、だからと言って、行くの止めようとは誰も言わなかった。みんなお互いのことを良く知ってるわけじゃない。


でも、みんな良い人そう。この時は、彼らが後にどれだけ大切な存在になるかなんて知る由もない。





パーティには、朝の4時ごろに着いた。テントを張って寝袋も敷いて、快適にした。Almaは飲み過ぎて寝てしまった。残りの僕たちはまた飲み始めた。



5時半ごろAmitが朝日の下で踊ろうとみんなを誘った。朝日が昇って来て、僕たちは二つの野外ダンスフロアーの中間あたりで踊っていた。踊りながら、この先将来の楽しい計画のことや、朝日がなんて綺麗なんだろうと話していた。その瞬間に空がロケットでいっぱいになり、僕は一瞬で固まった。


テルアビブ人である僕は、こう言うこと(ロケットミサイル)に慣れていなかったし、何よりも僕はお酒に酔っていた。二手に分かれて、僕はAmitとGalといた。他の人たちはAlmaを起こすのと、荷物をまとめに行った。僕はまだ固まったままでいた。みんな僕を落ち着かせようとしてくれて、僕は、みんなにどうすればいいのか必死に聞いた。Gal(男の方)が、かがんで、腕で頭を覆うように言った。彼のことは信用できそう。この時すでに、周りの人たちはあらゆる方向を走り回っていた。僕たちは起き上がって車に歩いて行った。


すぐ車を見つけて、Gal(男の方)が運転した。Noamが前に座り、MayとAlmaが僕と一緒に後部座席に座った、でもすぐに渋滞にぶつかった。その時はまだテロリストがこっちに来てるなんて知らなかったし、ロケットのこともあまり気にしていなかった。


みんなパニックになってたから、みんなで手をつなごうと言った。銃弾で傷付いた車が横を通ったので、Galがその車に、何があったのか聞いた。すると、テロリストが銃撃して車に乗ってる人たちを全員殺そうとしていると言った。


僕は一瞬、まだどうしたらいいのか迷っていた。後ろの車の人たちが全速力で逃げ出すのを見るまでは。さらに、テロリストが僕たちのすぐ隣にいたなんて、気が付かなかった。Galが叫んだ“車を出ろ!”その瞬間、逃げなきゃ殺されると言うことがわかった。


車から飛び出して逃げ出した。靴が脱げたけど、靴を履く時間なんてない。大混乱。ロケットは頭上を飛び交う。緊迫状態、恐怖、爆発、悲鳴。人々は、ばらばらの方向に走っていた。走りながら、だんだんと、人々が撃たれ、負傷し、倒れていくのが見えた。早く走れない人たちはどんどん撃たれて行く。警察官が至近距離から喉を撃たれた光景は一生忘れられない。


たくさんの人たちが野原を駆け抜けた。Galが“東へ走れ!”と叫んだ。丘を動物が駆け降りるように僕たちも駆け下りた。走りながら、Almaがいないことに気が付いた。呼んだけど、いない。どこかではぐれてしまったようだ。



また頭上でミサイルが連射されている。でも、銃撃で襲われているなかで、ミサイルのことはあまり気にしていなかった。狂ったように野原を駆け抜けた。まるで追われているアヒルのよう。僕らはまるで、テロリストが遊んでいるシューティングゲームの中の標的みたいだった。“誰が先に死ぬか”のようなタイトルのゲーム。そんな中、心配してるだろう家族たちに電話して、居場所を知らせた。警察にも電話したけど、電話を切られた。“すぐに終わるだろう。警察がすぐに来てくれようとしてくれているんだ。”と自分に言い聞かせた。



4時間くらい走り続けた。まるでコンピューターゲームの中でレベルが上がっているような感覚を覚えた。地形が土から、穴だらけの地面、トゲだらけの地面とか、シーンが変わっていく感じ。もうみんなどれだけ体力が残っているかわからない。喉もカラカラだけど、水もない。

電話で、家族たちがニュースを見ながら、テロリストに占領されている地域を避けつつ、僕らはどこに向かったらいいのか導いてくれた。Galがグーグルマップを見て誘導してくれた。僕は空を見上げ、“誰かそこにいるなら、助けて下さい!”と叫んだ。


逃げている時、周りにいたのは知り合いだけでない。知らない人が、手を差し伸べてくれて、“一人で走るなよ。”とか声をかけてくれた。中には気絶してしまった女の子たちもいた。見知らぬ僕に、持っている最後の水を分けてくれた人たちもいた。僕たちはみんな一つだった。Almaからメッセージが来て、安全な場所にいると言う。安心した。


狂ったように野原を駆け抜けた。まるで追われているアヒルのよう。僕らはまるで、テロリストが遊んでいるシューティングゲームの中の標的みたいだった。“誰が先に死ぬか”のようなタイトルのゲーム。

背後の銃声は止まない。突然誰かが叫んだ。「戻れ!前にテロリストがいる!」もうこれで最後だと思った。みんなの表情も壮絶だった。まだあの時の感覚を覚えている。でも僕たちは、逃げる方向を自分たちで決断することにした。“両サイドから撃たれないようにしよう!”と誰かが叫んだ。テロリストは白のSUVに乗っていると言う情報が入ったけど、車が通るたびに心臓が止まりそうになった。


前方に軍の基地が見えたので、そこに向かうことにした。どこにも避難するところがないまま5時間走った後で、ようやく、隠れられそうな温室を見つけた。小さな漆喰の壁のキャラバンに入った。みんなまだショック状態。ふと自分の足を見たら、トゲだらけだった。裸足で走ってたいたから、、もう痛くて体重はかけられない。僕たちの仲間はみんな生きていた!泣きながらハグをした。昨日パーティに来る前までは知らない人たちだったのに、この最悪に怖い試練を共に切り抜けた。3時間後、武装した警察が銃を持って僕たちを守るために来てくれた。でもここから避難するための救護はまだ来ていない。一発でも銃撃を受けたら、この漆喰の壁は突き抜けられてしまうだろう。電話の充電器のことで外で、口論している。見つかったら大変じゃないか!ここにいるみんなを危険にさらしている彼らに、僕は腹を立てた。


みんなを落ち着かせるために、Ice Breakのゲーム(緊張をほぐすためのゲーム)をしようと提案した。まだ僕たちは安全だとは言い切れない。



モシャブ パティシュのボランティアの人たちが僕たちを避難させに来てくれた。(モシャブはテロリストに襲われていなかった。)僕たちはまだ心は緊迫状態のまま。僕は歩けなかったので、警護員が抱えて車に乗せてくれた。一人は車の床に座って、あたまを僕の膝にもたれた。別の人は僕とドライバーの間に座っている。SUVの車に乗っている人たちの中で、助かったのは彼女一人。他のみんなは全員助からなかった。




沢山の人たちがあの場所に残された。どれほどの犠牲者だろう。


僕は前の座席に座っていたから、遠方に黒い服を着ている二人の男性が見えたので、ぎょっとして、ドライバーに“車を止めて下さい!あの人たちは誰ですか?”と聞いた。“武装している警備員だ、こちら側の人たちだから大丈夫だよ。”とドライバーは答えた。でも僕は怖くて、“もう一度チェックしてみて下さい。”と頼んだ。ドライバーは、“警察官だよ。”と言った。ようやくちょっと安心できた。でもまだ完全に安全だとは言い切れない。あれから8時間経っている。

モシャブに着いて、もう完全に安全だと分かった時、僕は倒れこんだ。まだ助かったことが信じられない。これであの悪夢が終わったことがまだ信じられない。モシャブの人たちが僕たちの面倒を見てくれた。水や、食べ物をくれ、温かいシャワーを浴びさせてくれた。天が送ってくれた天使のような人たちだ。


自分の家に戻った時、僕は家に持って帰って来たものは二つ。私物の小さなポーチと心の深いところにできた穴だ。生きて帰ってこれただけでどれだけ幸運だったことか。。。


エイナブ A


Comments