top of page

生存者たちの話    

次を読む

テロリストは私の目を見て、狂ったように発砲してきた

  • Izik B.'s story

10月7日、子供の頃にみた悪夢が現実となった

子供の頃、3つの悪夢を見た。繰り返し見ることはなかったが、私の心に刻まれている。そのうちのひとつは、私が森の中を走っていて、テロリストのチームが追いかけてくる。命からがら走って丘を登ろうとすると、テロリストの一団が迫ってきて、そこで目が覚める。

土曜日、その悪夢が現実のものとなった。

金曜の夜中の3時頃、大量の仕事がある中、短い白髪の老婦人がステッキを片手に中世の預言者のような服を着てフードトラックに近づいてきて、私の手にメモを置き、そのまま歩き続けた。

理由はよくわからなかったが、気になってメモを見ると、そこには次のように書かれていた:

「生きて帰れる者はいない。メモと棒を持った老婦人より」と書かれていた。

私は自問した。「彼女は私に何を望んでいるのだろう?

土曜日、朝6時、相棒のドロンを起こし、「そろそろ交代しよう。6時15分頃、私はマットレスの上に横になった。6時30分、シェフのロタンが「起きろ、起きろ、ロケットを撃っている、赤色警報のサイレンだ」と私を起こす。

ベッドから飛び起き、色とりどりの天蓋越しに日の出を見上げると、空全体がロケット弾と迎撃ミサイルと爆発で埋め尽くされている......命からがら逃げ出す群衆もいれば、その場にとどまり、目の前で繰り広げられる超現実的な出来事に驚いて見守る群衆もいる。

最初は、これも国境に住む動物たちによる嘲笑のひとつに過ぎず、すぐに終わるだろう、すべてをまとめて立ち去ろう、と思っていた。

しかし、それは止まらない。さらにひどくなり、ロケット、またロケット、爆発、また爆発。

私はドロンに、「ヒートアップしている。弾幕がまだ続く中、私たちはすべての荷物をまとめ始め、ドロンが車を持ってくると言った。ロタンと私が荷造りを続けていると、突然、森の中から機関銃の銃声が聞こえてきた。

パーティーは国境にかなり近いので、そこからかと思った。2分も経たないうちに、プロダクションの車両が森の中から現れた。2人の警備員と、その間に挟まれた頭も顔も血だらけの若い女性が「頭を撃たれた」と叫んでいる!助けて!テロリストがいるの!私の友達をみんな殺したの!」と叫んでいた。

マゲン・ダビデ・アドム(MDA:イスラエルの救急救命士と救急隊員による緊急救急サービス)とその場にいた警備員たちは、彼女をどうしたらいいのかわからず、パーティーの性質上、彼女に「本当に何も取っていなくて、幻覚を見ているのでは?

彼女は彼らに怒鳴り返した-"幻覚なんかじゃない!ここにはテロリストが大勢いるんだ!助けてくれ!"と。

そしてこれらすべては、ロケット弾のノンストップ連射の下で起こっている。

その瞬間、私は何か大きなことが起こっているのだと理解した。

ドロンに電話して、テロリストがいるから車で逃げるように言う。目の前に息子のテヴェルがいる。私はドロンに、今すぐここから逃げると言い、彼もそうするよう懇願したが、彼の大きな心のおかげで、親しい友人から貸与されたフードトラックをヒッチすると言い張った。機材なんかクソ食らえだ!

ロタンと私は4WD車に乗り、畑の中を通り抜け、小さな渋滞を迂回した後、大渋滞で立ち止まる。パトカーが道路の中央をふさぎ、武器を構えた警察官たちが、何が起こっているのか、どこへ行けばいいのか、まったくわからない。誰も何が起こっているのかわからない。

そこへ畑から別の少女がやってきて、渋滞の方向を指差し、警察官に向かって「あそこにテロリストがいて、車に座っている人を殺している」と叫ぶ。みんなパニックになり、警官たちは車で逃げるか、東のほうの開けた野原を歩くようにと言う。

私は車に乗り込み、キーをイグニッションに挿したまま、野原を抜けて渋滞を迂回し、丘の上まで行ってこの悪夢から逃れる方法をすでに考えていた。

キーを回しても車は動かない。今の苦境ではあまりいい兆候ではないが、私はすぐに気を取り直し、車を降りて徒歩で脱出を開始した。

できるだけ早く歩いていると、遠くから銃声と恐怖の悲鳴が四方八方から聞こえてくる。

私はドロンに電話し、これは本当のテロ攻撃だ、ここから逃げてくれと懇願した。

この段階で彼は、テロリストに包囲されているため、軍は誰もパーティーエリアから出させていないと告げ、電話は切れた。

そして丘の頂上で車を見ると、彼らがUターンを始めているのに気づいた。「おっと道を間違えた」というようなUターンではなく、チャック・ノリスのUターンだ。40台の車が一斉にカオスになり、私は私たちをUターンさせたドライバーに、彼らは理由もなくUターンしているのではない、そこで何かが起きているのだ、と言った。彼は頑固で、引き返そうとはしなかったが、みんながUターンしているのに気づくと、彼もUターンし始めた。

田んぼの中の渋滞を迂回するつもりで坂を登ったのに、車が立ち往生してしまった。

警察官のいる渋滞に戻ると、私たちのすぐそばで銃撃戦が始まり、悲鳴が上がり、人々があらゆる方向に走り出した。彼は私たちが指示したことに腹を立て、その場に留まることにした。彼は「死ぬ運命なら、死ぬ」と言った。私は彼が言い終わると同時に車から飛び降り、走り出した。畑の中だったが、木々の近くだったので、他の多くの人たちがそうしていたように、必要があれば転がり込んで隠れることができた。

みんなと一緒に走っていると、銃声が近づいてくる......。

前日も同じ場所でパーティーがあり、私たちも働いていた。命からがら走っていると、銃弾が私の頭の横を通り過ぎ、土が私の脚に吹きかかる音がする......Yes(イスラエルのケーブルテレビ局)の大げさなコマーシャルを1000倍にしてみた。

ショックで足が凍りつき、まるでそれでおしまい、私たちはもうあなたのために働いていないかのようで、まるであなたが死んだかのように、あるいは森に逃げ込んで隠れるかのように、ただ倒れろと自分に言い聞かせ、そしてまた、目の前に息子の顔が見えた。そのとき、あまり急いで走っていない小さなシュコダで天使が通り過ぎたので、私は後ろのドアを開け、中に飛び込んで座った。その後、3人の女の子も加わって、小さな車に9人で乗った。彼がアクセルを踏み込むと、途中、穴の開いた車や投げられた遺体など、忘れられない光景を目にした。

私たちはなんとか無事に道路にたどり着いたが、あの地獄から生還したとはまだ信じられなかった。途中のバリケードにテロリストがいるのか、兵士がいるのかもわからなかった。

ドロンと連絡がとれない。彼の電話はつながらないし、WhatsAppのメッセージにはチェックマークがひとつ[受信側がメッセージを受け取っていないことを示す]。

運転手はアシュドッド近くのガソリンスタンドで私を降ろし、彼らは家に帰るために私を迎えに来た。

家に入り、テベルを思い切り抱きしめる。

この命の贈り物が自分に与えられたことを知った男のように、私は泣き始めた。棒を持った老婦人からのメモに書いてあったように。

ハンニとテベルを抱きしめて、涙が止まらなかった。

これを書いているとき、涙がスクリーンに落ちた。

私のフェイスブックのフィードには、この人は行方不明で、あの人は誘拐され、あの人は殺され、あの人は怪我をして、まるで終わりのない追悼日のような訃報が並ぶ。

そして私たち生存者は、傷を抱えている。

前夜、私はあなた方の半分に食事を与えた。処理しきれないよ...。

無価値で呪われたテロリストたち、彼らが浪費している1グラムの酸素にも値しない怪物たち、家族全員や兵士たちを虐殺し、赤ん坊や老人を拷問して誘拐し、ユダヤ人であることを理由に森で私たちの花を虐殺した血に飢えたテロリストたち、歴史の暗黒時代のように、これらの行動を支持するすべての人たちに、私はこう言いたい:

私が10歳の時、悪夢の中にいた私を捕まえることに成功しなかったし、土曜日も成功しなかった。

ユダヤ民族は暗闇の海の中の一点の光であり、あなた方がそれを消し去ることに成功することは決してない。

*私は2日前[09.10.23]、まだドロンが虐殺から生き延びることを祈っていたときにこれを書いた。しかし昨日[10.10.23]、あの怪物たちが彼を殺害したと知らされ、私の心は完全に打ち砕かれた。

ドロン・ボルダス、友人、シェフ、ヴァイキングのようでありながら、ハエの羽の先も決して傷つけなかったあなた、最も純粋な心と笑いと与える意思を持ったあなた、そして私たちの会話。親愛なる神よ、私たちは3日間一緒に外で寝たばかりでした。一緒に働き、笑い、楽しみました。

神が彼の血に復讐してくださいますように。

最も大切な人を失った家族に深い哀悼の意を表し、負傷した人たちが一刻も早く回復し、行方不明の人たちが全員生きて発見され、誘拐された人たちが一刻も早く家に戻れますように。

私たちはこの傷口をふさぐことから始めなければならない。

心温まるコメントを寄せてくれた皆さんに感謝します。皆さんは素晴らしいし、ナンセンスなことが起こっていても、この国の一員であることを誇りに思います。

** この文章は2日前に書いたものですが、時間が経つにつれて、より多くの気づきがあります。

彼らはロケット弾の乱射から始まり、レイムの駐車場を中心に2時間止まらなかった。頭上でのノンストップの爆発は地面を揺らした

多くの軍事的失敗がこの事態を招いたが、いつものように完璧に機能した軍事的側面がある: アイアンドームだ。

もし迫撃砲弾が野原に落ちていたら、当事者だけで1000人の死者が出ていただろう。

しかも、私たちがいたのは普段から攻撃を受けている野原で、破片が飛んできた記憶すらない。

もう何を考えているのかわからない。

イジク・B


Comments


bottom of page